facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
アラサー・アラフォー

アラフォー世代の婚活必勝法とは?自分を知って成功を引き寄せよう

2021.1.21

アラフォー世代の婚活は難しい・・・多くのサイトではそう書かれていると思います。実際、それはその通りなので否定はできません。しかし、いろいろな理由で未婚のままアラフォーとなってしまった人は、もう結婚できないのかといえばそれは違います。
今回はアラフォー世代の婚活を成功させる方法について考えていきましょう。

アラフォー世代を取り巻く現実

30代になって婚活を始める女性の多くが「こんなに厳しいとは思っていなかった」と口にします。アラフォー世代ではさらに厳しいといえるでしょう。しかし、現実を知ることは成功への第一歩なのです。

アラフォー世代の未婚率

まずは下のグラフを見てください。こちらは総務省が発表した『平成27年国勢調査』より作成した男性の年齢ごとの未婚率を表したものです。男性の平均初婚年齢は31.2歳ですが、このグラフでも男性の未婚率が50%になるのがちょうど31歳頃ですので、平均初婚年齢で約半数が結婚していることになります。

見ていただくと分かりますが、未婚率がぐっと下がっているのが30~35歳で、その後も緩やかに下がり続け、40歳では7割が結婚している状態になります。アラフォー世代が結婚を希望する相手の年齢は40歳前後と考えると、その時点で独身男性は非常に少なくなっているというのが現実です。

男性と女性の希望年齢のギャップ問題

もうひとつ、アラフォー世代の婚活を難しくしているのが男女の結婚相手に希望する年齢の違いです。下の2つのグラフは国立社会保障・人口問題研究所の『第15回出生動向基本調査(2017年)』より作成したものです。
見ていただければ一目瞭然ですが、女性は自分より2~5歳ほど年上の男性を希望するのに対し、男性は全年齢が20代後半から30代前半の女性に集中しています。男性は子供が欲しいと思っているからだと言われていますが、社会的に成功した男性が若く美しい女性を妻に迎えることで、さらに自分のステータスを高めようと考えるからだという意見もあります。成功の記念という意味から「トロフィーワイフ」とも呼ばれています。
実際、ミドルからシニアにかけての裕福な男性が若い女性と結婚する例は少なくありません。女性は結婚に経済的な安定を求める傾向があるため、年齢差を気にしないカップルもいるのです。
婚活コラム「女性は高収入、男性は若さ!?男女が結婚相手に求める究極の条件」でも詳しく説明していますので、興味のある方は読んでみてください。

アラフォー世代が婚活で失敗しがちな理由とは

アラフォー世代の婚活が難しいのは環境だけが理由ではありません。ある「勘違い」や「思い込み」によって、掴めるはずだったチャンスを逃している可能性も高いのです。

男性が求めるものが分かっていない

アラフォー世代は人間としても成熟した大人です。論語でも「四十にして惑わず」といわれるように、社会に出ていろいろな経験を積み、大人としての判断や振る舞いができるようになっているはずです。
結婚するならそれだけの自分にふさわしい相手(年収・仕事内容・容姿など)でなければ・・・と考えるのは間違いではありませんが、相手も同じとは限りません。前項で説明したように、男性は女性に若さを求めがちです。友人や同僚として立派だと感じるのと、結婚相手としてふさわしいと思うのは違うと考える方がいいでしょう。
婚活市場でのアラフォー世代の価値は決して高くありません。自分には20代にはない知性や落ち着きがあると言っても、相手がそれを求めていなければ婚活はうまくいかないことが多いことでしょう。自分の希望は普通だと思っているのは自分だけかもしれないと考えて、条件よりも相手の内面を重視する方がいい結果を招くことが多いようです。

「若く見える」と「若い」は違う

今の女性たちは若いころからメイクやファッションに敏感なので、アラフォー世代でもその上の世代でもきれいな人が多いですよね。「○○さんはもっと若いと思ってた!」などと言われてまんざらでもないと感じている女性も少なくないのではないでしょうか。
しかし、残念ながら「若く見える」のと「若い」は全く違います。どれだけ若く見えても、肌のハリやつやを比べれば年齢が分かってしまうものです。仮に見た目の部分が全てカバーできていたとしても、体の中までカバーできるでしょうか。男性が求める若さは「子供が産める」若さなので、こればかりはどうしようもないといえます。もちろん、アラフォー世代でも子供が産める女性はいます。ただ、35を超えれば高齢出産といわれてしまうのは間違いない事実です。
自分はまだまだイケると思っていても、まわりからどのように見られているか本当のところは分かりません。もし、20代をターゲットとしたメイクやファッションをしているのであれば今すぐ止めるのが賢明です。大人には大人の装いというものがあります。サイズが変わらなくても姿勢や肉付きなどが変わってくるので、年齢相応のファッションを選んだ方が好感度は高くなるはずです。

アラフォー世代の婚活必勝法とは

では、実際の婚活を幸せな結果で終わらせるためにはどのようにすればいいのか、その方法をご説明しましょう。

婚活する場所を厳選する

婚活にはいろいろな方法がありますが、なるべく希望に合う年齢の男性がいる場所で行うようにしましょう。20代や30代前半の男女が集まっているところでは年上の女性を希望する男性は少ないと考えられます。できれば同年代からやや上の世代が活動している場所や方法を選んでください。これは婚活アプリでも婚活パーティーでも結婚相談所でも全て同じです。
方法はひとつに限る必要はなく、アプリとパーティーの両方を利用するなどしても構いません。ただし、事前にそれぞれの評判や口コミなどをしっかりチェックしておくことを忘れないでください。

お誘いが来たらとりあえず会ってみる

婚活を始めてお誘いが来たら、条件などは置いておいてとりあえず会ってみましょう。最初に条件を絞ってしまうと結局誰とも会うことができないまま終わる可能性が高くなります。この時点ではすぐに相手を絞る必要はありません。時間の無駄だなどと考えず、なるべく多くの男性と会って話をすることが大切です。
この時、たとえ相手が自分の理想からかけ離れていても、あからさまに見下すような態度を取らないように気を付けてください。反対にやたらと偉そうにして、女性を見下す男性に対しても我慢して穏やかに対応するようにしましょう。自分の態度は相手からどう見られているか分からないものです。相手をよく観察して、嫌だなと思う部分があれば自分もそういう態度を取っていないか客観的に判断する材料にしてください。

フィーリングが合う人を選ぼう

話をした人の中に、一緒に居て楽しかった、話が面白かったなど、良さそうな人がいたらもう一度会う約束をしましょう。この時点でもすぐに一人に絞る必要はありません。何回かデートを繰り返せばいいところや悪いところがはっきりと見えてくるでしょう。この人は無理だな、と感じたらお断りをしていき、最終的に一番フィーリングが合いそうな人を選ぶようにしてください。
最後の相手がお互い気に入ればそのままお付き合いを続け、ある程度気持ちが固まったら結婚の意思を確認すればOKです。相手がはっきり意思表示をしなければあまり期待はできません。早く結婚したいのであればその人をあきらめるという選択も必要です。
フィーリングが合いそうな人がいなかったり、お付き合いをしたけれどうまくいかなかったりした場合には最初からやり直しになります。また一からやり直しか・・・と思わず、根気よく続けていく事が大切です。

アラフォー世代の婚活はメンタルとの戦い

こんなことを続けるのが必勝法?と思う人もいるでしょう。しかし、これは非常に現実的な方法です。これができるかできないかは、女性のメンタルの部分に大きく関わっているといえます。

気持ちの切り替えが大事

婚活かうまくいかないと、自分には魅力がないかもしれないと落ち込んでしまったり、反対に自分の良さが分からない男性の方が悪いと八つ当たりしたりすることもあるでしょう。しかし、こればかりはお互いの相性の問題なのでどちらかが悪いという訳ではありません。
食事とお酒・ソースなどの組み合わせの相性がいいことを「マリアージュ」といいます。このマリアージュという言葉はフランス語ですが、英語でいえばマリッジ、つまり結婚という意味です。例えばコースの最後のデザートで、コーヒーと紅茶はどちらにしますか、と聞かれますよね?ここでも選択肢は2つあり、ストレートなのか、ミルクや砂糖は入れるのかといった事を考えれば好みは人それぞれといえます。中には仕方ないからどちらかを選んでいるけれど、実は日本茶がいいと思っている人もいるかもしれません。
チョコレートムースに日本茶は変だといったとしても、ムースと日本茶を否定している訳ではありません。ですからうまくいかなくても、相性が良くなかっただけで女性と男性のどちらも悪いということはないのです。必要以上に落ち込んだり、怒ったりするのは止めましょう。アラフォー世代の婚活では、このような気持ちの切り替えはとても大切です。

希望条件は柔軟に変えながら相手の見極めを

自分からお断りすることもあれば、相手から断られることもありますが、これは20代でも同じです。いいなと思っていたのに相手には恋人がいて失恋した経験がある人も多いでしょう。アラフォー世代では選択肢が全体的に少ないので20代より苦労しがちですが、諦めてしまえば出会えるはずの人とも出会うことはできません。
先ほどの結婚相手に希望する年齢のグラフで、39~41歳の部分にひとつ山ができているのに気が付いた方も多いと思います。20代で結婚したものの、うまくいかずに離婚した男性が再婚する年齢がちょうど40歳前後といわれていますので、このあたりの年齢も狙い目のひとつです。
自分が初婚であれば、再婚でも子供がいない人も範囲に入れるなど、柔軟に考えていく事がアラフォー世代の婚活を成功させるコツだと言っていいでしょう。

まとめ

アラフォー世代の婚活は難しいと言われていますが、同世代で再婚する女性は珍しくありません。自分は1回も結婚していないのに、なぜあの人は2回できるんだろうと思ったことはありませんか?
バツイチの人は一度結婚を経験しているため、自分が求めているものが明確で、相手に多くを求めることが少ないため男性としても気が楽だと感じることが多いようです。
あまり気負わずに、前向きに頑張って行きましょう。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!