facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
婚活全般

結婚相談所でも結婚できない?女性に敬遠される男性の特徴とは

いろいろな婚活方法がある中で、結婚相談所は「最後の駆け込み寺」のように思っている人も多いのではないでしょうか。特に仲人型の結婚相談所はカウンセラーと二人三脚で婚活ができることもあり、より自分の条件に合った相手と出会える可能性が高いと考えられています。
しかし、中には結婚相談所を利用していても、なかなか成婚に至らない男性もいます。今回はそんな男性の特徴を考えていきますので、皆さんの婚活の参考になれば幸いです。

女性にお断りされてしまう男性の特徴(警戒レベル1)

結婚相談所に限らず、女性にとって居心地が悪いと思われてしまう男性は敬遠されがちです。女性も条件だけで男性を判断している訳ではありませんので注意が必要です。

理想が高すぎる

とにかく若くて美人、性格が良くて家事が得意で・・・と条件を付ければ付けるほど該当する女性の数は少なくなります。仮に理想に合致した女性がいたとして、あなたはその女性に選ばれなければなりません。それだけの魅力があなたにあるのであれば婚活はうまくいきますが、何度も断られているのであれば少し考えを改めなければならないかもしれません。
条件の数が多すぎたり、高すぎたりするのは自分から結婚を遠ざけることになってしまいます。婚活をする際は、希望する条件に優先順位をつけ、順位の低いものは条件を緩めることが必要です。どうしても若くて美人がいいのであれば、料理が得意でなくてもその部分は妥協するといったことをしなければ、いつまでたっても結婚にはたどり着けないのではないでしょうか。

自分の話ばかりする

お見合い自体は成立するのに、1回で終わってしまうという場合にはいくつか理由が考えられます。男性にありがちなのは、自分の話ばかりしている、というパターンではないでしょうか。男性はアピールの材料として、自分が仕事でどれだけ大きな成果を上げたか、収入が高いかなどを話すことが多いと思いますが、お見合いは転職の面接でも、演説の場でもありません。初めて会った女性に自分の仕事内容を事細かに説明する必要はないのです。
お見合いは相手の人となりを見る機会ですから、まずは相手の女性が自分に興味を持ってもらえそうな話題を振ってみましょう。お互いのプロフィールは確認しているはずですので、その中から話を広げられそうな話題を選ぶのが無難ではないでしょうか。
とにかく、相手と会話のキャッチボールができない男性は「この人は私の話を聞いてくれそうもないな」という印象を持たれてしまいます。お互いが同じくらい話せるような気遣いができるように気を付けましょう。

ケチ

お金にルーズでないことはいい事です。しかし、使うべきところで使わないのは「ケチな人」と思われてしまうでしょう。
例えば最初のデートでは男性が払ったほうが印象は良くなります。お付き合いを続けたいと女性側が思っていれば「じゃあ次は私に出させてください」と言ってくれるかもしれません。もう少し二人の関係が近くなったら話し合いで割り勘にするなり、交互に出すなりすればいいのです。ただし、割り勘にするときに1円単位まで細かく割って請求するのは止めましょう。もちろん、女性がデート代は男性が払って当然という態度でお礼も言わないのであれば、それは女性のマナーがなっていない証拠ですのでお断りしてもいいのではないかと思います。
女性とデートをすればそれなりにお金がかかりますが、わざわざ高いレストランに行ったり、プレゼントを買ったりするのはもったいないと考えているのであれば、結婚は諦めた方がいいかもしれません。

結婚に踏み切れない

結婚相談所では長く交際することを想定していません。男性の中には「実はもっといい人がいるのではないか」と考えてなかなかプロポーズできないという人もいるようです。あまり長く女性を待たせてしまうと「決断力がない」とお断りされることも考えられます。女性としてもなるべく早く結婚したいと思っている訳ですから、これは仕方がありません。
結婚相談所での交際は一般的に3ヶ月程度と言われています。相談所によっては交際して3ヶ月経った時点で成婚とみなされ、成婚料を請求されることもあります。後悔したくないという気持ちは理解できますが、決断が遅いことで女性の時間も奪っているということを忘れないでください。

女性にお断りされてしまう男性の特徴(警戒レベル2)

男性の中には、自分が気付かないうちに相手を不快・不安にさせてしまっていることがあります。以下の内容に当てはまることがあれば、女性は「この人は将来モラハラ夫になるかも・・・」とかなり警戒されてしまうので注意しましょう。

自分の自慢話を繰り返す

学歴が高い、収入がいい、いい会社に勤めている、有名人の知り合いがいるなど、自分の自慢話をことあるごとにする男性は女性に敬遠されます。その際に「女性は結婚したら養ってもらえるんだからいいよね」などと、暗に女性を貶める発言をしていたりすれば最悪と言っていいでしょう。
女性は男性の無意識の蔑視の発言に非常に敏感です。自分の優れている点をいくつも話題に挙げることは、言外に「自分は相手の女性より勝っている」と示しているようなものです。男性は無意識に女性より優位な立場に居たいと考えていることがあり、対等でいたいと思う女性の気持ちとは相反する場合が多いといえます。
当然ですが、そのような男性と結婚したいと思う女性はいないでしょう。

店員などに対して横柄な態度を取る

デートでショッピングやレストランなどに行くことは多いと思いますが、店員に対して横柄な態度を取る男性も女性を不快にさせます。女性の前で自分はすごいのだというところを見せたいのかもしれませんが、残念ながら逆効果でしかありません。
レストランで「○○ってワインも置いてないの?」とか、お店で「早くしろよ」などという発言をしたり、高圧的な態度を取ったりすると、「なんでこんなに威張っているの?」とか「こんなこと言うなんて恥ずかしい」と感じる女性は多いです。
店員に対して大声で文句を言ったりすることは女性をひどく怯えさせ、嫌悪感を抱かせる原因となります。実はこの行為はモラハラのひとつに数えられていますので、思い当たることがあればすぐに止めるのが賢明です。

女性の意見を無視する

デートの約束をするとき、その行先や食事をする場所について女性が提案したことを受け入れず、自分で全て決めてしまう人も注意が必要です。二人で出かけるのですから、毎回でなくとも相手の意見も尊重するのは当たり前ではないでしょうか。
もし、自分の考えることは間違っていない、自分が考えることは彼女にとっても一番いい方法だ、と思っているのであればそれは相手の考えを無視しているということにほかなりません。女性は言いなりになっていればいいと考えているのではないかという不安を抱かせるのに十分な言動なのです。
これから長く一緒に暮らす相手が、自分の意見をまるで聞いてくれないとしたら女性にとっては恐怖でしかありません。

アドバイザーの意見には耳を傾けよう

結婚相談所のアドバイザーは様々な男女を見てきています。中には結婚相談所にやってきた人を見た瞬間に「この人は難しいだろうな」と分かる人も少なくありません。プロの意見を聞くことは得になっても損になることはないでしょう。

女性が求めているものを良く知っている

アドバイザーは結婚相談所の会員から多くの相談を日々受けています。内容は多岐に渡っていても、女性が何を求めているのかよく分かっているのです。

女性は男性とは思考回路が全く違っているといってもいいでしょう。お見合いをしても、男性は女性の顔やスタイルなどを見ていますが、女性の視線は男性の思いもしない部分に向けられていることが多いのです。例えば女性が男性に希望する「清潔感」とは何でしょうか。毎日お風呂に入っているとか、きちんと洗濯をした服を着ているとか、そういうことではないと考えるべきでしょう。就職活動をしたことがあるのであれば、面接には清潔感のある格好で出掛けなさいと言われたと思います。女性が求める清潔感は、面接に行く時の清潔感に近いものがあるかもしれません。一言でいえば「相手を不快にしない」服装や言動を意味しています。
きちんとした服装をしているのに座り方がだらしないとか、爪の間に汚れがたまって黒くなっているなど、どうしてそんなことを気にするのかと男性は思うかもしれませんが、女性というのはそういうところを見ている生き物なのです。

女性の視線・思考を男性自身が気付くことはとても難しいでしょう。そういう時のために居るのがアドバイザーなのです。婚活がなかなかうまくいかないと感じている男性は、ぜひ一度アドバイスを受けてみることをおすすめします。

アドバイスは実践するもの

アドバイザーに相談して納得するだけでは意味がありません。なんでそんなことをしなければいけないのかと言わず、まずは素直に実行してみてください。もちろん、すぐに効果が出ないこともあるでしょう。しかし、先ほどもお話しましたが、自分とは違った意見を受け入れるという行動そのものが大切なのです。
女性が求めるものは人それぞれですが、一般的には包容力があり、一緒に居て楽しいと思える男性を望んでいます。女性の話をきちんと聞き、女性を楽しませてあげようとする気持ちが伝わった時、女性も心を開いて同じように努力してくれるのではないでしょうか。

まとめ

高学歴で高収入といった「自分に自信がある男性」ほど、意外なところで婚活につまずいてしまうことがあります。確かに女性は経済力がある男性を求める傾向が強いですが、だからといってお金があればどんな人でもいいという訳ではありません。女性がこの人と一緒に頑張って行こうと考えるためには、自分は大切にされていると感じる必要があることを忘れないでください。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!

  • 年収2,000万円超えの独身男性ってどんな人?

    男性の平均年収が540万円(2019年)であることを考えると、年収700万の独身男性は裕福だといっていいでしょう。しかし、上には上がいます。中には2,000万以上の年収をえている独身男性もいるのです……

  • 医師はどこで婚活してるの?

    病院以外でまず出会うことは少ない医師。病院勤めではない一般的な婚活女性は、どこにいけば医師と確実に出会うことができるのでしょうか? 若い医師の実態、少なくない未婚男性 少なくない男性医師が未婚のまま……

  • 今の婚活は4低の時代!?結婚相談所で3高の人気に変化?

    コロナの影響で、人と人とのつながりを大切にしようと思う人が増えているようです。こんな時期だから、心安らぐ人と結婚して幸せになりたいと思うのはとても自然なことでしょう。ならきっと結婚相談所でも、高収入で……