facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
医者

高額報酬を得る医者の条件は何?平均年収や年収事情を大解剖!

収入が高いイメージの医者ですが、実際どれくらい稼いでいるか、平均年収はいくらくらいなのか知っていますか。
高収入の医者と結婚したい女性のために、医者の手取り収入はどれくらいなのか、高額収入を得ている医者の条件などを紹介します。

日本の医者の年収はいくら?

働いている地域や診療科によって異なりますが、医者の平均年収は約1240万円となっています。男性医師がおよそ1300万円、女性医師がおよそ1081万円です。一般的に収入が高い大学教授や税理士、弁護士などの資格が必要な職業と比べても高い収入を誇っています。歯科医師の平均年収は約856.9万円となっています。
医者は一度資格を取得すれば一生涯働ける仕事です。また、常に社会で必要とされる需要の高い職業なので、安定して高年収が狙える魅力的な職業といえるでしょう。

医者の手取り年収はどれくらい?

例えば、年収が1500万円で妻と子ども2人の家族を抱えている医者の場合で考えてみましょう。健康保険・厚生年金などの社会保険料で年間約145万円程度、 所得税と住民税で約275万円引かれます。 合計で420万円程年収から引かれてしまうのです。計算すると、手取り額は約1080万円程度になります。 つまり、年収の約30%差し引かれた額が医者の手取りとなるのです。役職などが上がれば、収入も上がっていくので、手取り額も増えることになります。

立場別にわかる医者の年収額

医者には勤務医・開業医・研修医とあり、その立場によって収入が異なります。それぞれにメリット・デメリットがあり、働き方も異なるのです。それぞれどれくらい稼いでいるのか、どのような働き方をしているかなどを紹介します。

勤務医の年収額

勤務医とは、その名の通り病院に勤務する医者のことをいいます。大学病院の医局に勤めた場合と医院に勤めた場合で多少異なりますが、平均年収は800~1000万円です。大学病院には講師や教授として勤める勤務医もいて、講師の平均年収は700万円台、助教授は800万円台、教授が1000万円台となっています。

開業医の年収額

自分でクリニックを開いて経営する医者を開業医といいます。開業医は、1000~1500万円の収入を得ている人が多いです。開業医の2割が、3000万円以上の収入を得ているというデータもあります。医者の中でも、開業医は高い収入を得られる業務形態です。

研修医の年収額

研修医とは、臨床研修中の医者のことです。勤務医も開業医も、ここからキャリアをスタートさせます。初期研修医1年次なら、大学病院の場合はおよそ300万円、臨床研修病院の場合はおよそ450万円。初期研修医2年次では、大学病院はおよそ310万円、臨床研修病院ならおよそ500万円となります。

年齢別にみる医者の年収額

勤務医の男性医師を例に挙げて、医者の年齢別の収入推移を見てみましょう。
年齢別の収入推移は、30~34歳で683万円、40~44歳で1228万円、50~54歳で1652万円、60~64歳で2090万円です。実際の医師の年収は勤務先で得ている給与の他、アルバイトをたくさん掛け持ちしている場合などは相当額がプラスされます。そのため、実際にはもっと高年収を得ている医師も多いです。

診療科別の医者の年収ランキング

一口に医者といっても、整形外科や産婦人科など、担当する診療科は多岐に渡ります。それぞれ収入が違うので、診療科についても考える必要があるのです。より高収入の医者と結婚したい女性のために、診療科別の医者の年収をランキング形式で紹介します。

【1位】美容外科1829万円

最も収入の高い診療科は、「美容外科」です。自由診療の分野なので、収入が高くなる傾向にあります。また、自由診療分野で働く医者は、通常の臨床研修では習得することのできないスキルを身に着けなければなりません。その技術力も、高い収入を得られる理由の1つといえます。

【2位】美容皮膚科年収1739万円

2番目に収入が高い診療科は「美容皮膚科」です。美容系の診療科が、高収入を得られる割合が高い傾向です。美容外科と同様に、自由診療の割合が高いので、高収入が期待できます。また、「患者としてではなくお客様として」という意識のもとでサービスを行う場面が多いので、収入だけでなく高いコミュニケーション能力を持っている可能性が高いです。

【3位】産婦人科年収1608万円

3位にランクインしたのは、「産婦人科」です。産婦人科の収入が高い理由として、開業医であるから、ということが挙げられます。産婦人科医はクリニックを自分で経営する人が多いので、収入が自然と高くなるようです。

【4位】心臓血管外科年収1580万円

4番目に収入が高い診療科は、「心臓血管外科」です。心臓血管外科は、主に心臓または血管の病気の治療を行う、専門性の高い診療科です。高い技術力が必要になるので、その分収入が高くなっています。また、希少な診療科であることも収入が高い理由の1つです。

【5位】整形外科年収1566万円

5位にランクインしたのは、「整形外科」です。産婦人科医と同じく、開業してクリニックで勤務する医者が多いことが、収入が高い理由です。また、少子高齢化が進み、整形外科の需要が高まっていることも大きな理由の1つといえるでしょう。

【6位】耳鼻咽喉科年収1551万円

6位は「耳鼻咽喉科」です。産婦人科医や整形外科と同じように、開業医が多いことが収入が高い理由です。また、耳鼻咽喉科は自由診療で経営しているクリニックもあり、それが平均収入を上げている理由となっています。

【7位】形成外科年収1548万円

7位にランクインしたのは「形成外科」です。心臓血管外科と同じく、専門性の高い分野であるため、高い年収が期待できます。また、形成外科は、軽いけがやがんの治療、美容医療など対応できる病気が多く、需要が高いことも収入が高い理由です。

【8位】人工透析科年収1538万円

8位は「人工透析科」です。少子高齢化や糖尿病・腎不全患者の増加による影響から需要が高まっていることが理由の1つです。また、治療が長期間に渡ることから、診療報酬を安定して得られることも理由として挙げられます。

【9位】一般外科年収1537万円

9位は「一般外科」です。治療領域が消化器や乳腺など待機的手術が必要なものであったり、外傷や急性腹症など、緊急の疾患を担当する診療科です。そのため、一般外科医は8割近くが勤務医となっています。8位以上の診療科に比べ収入は高くありませんが、40代以降になると収入が上がってきます。

【10位】皮膚科年収1517万円

10位は「皮膚科」です。基本的には外来患者を診察し、症状に合わせて飲み薬や塗り薬を処方することで診療は終了します。クリニックを経営していても、手術が必要な場合は大学病院などに対応してもらうことが多いです。そのため、年収はあまり高いとは言えません。

高額報酬を得ている医者の条件とは?

平均して収入が高い医者ですが、その中でもとくに高額報酬を得ている医者には、いくつかの特徴があります。経営状況にもよりますが、今から紹介する4つの条件のいずれかに当てはまれば、より高い収入を得ている医者の可能性が高いです。

【条件1】開業医である

まず、初めの条件は、開業医であるということです。政府の発表によると、開業医の平均年収は2400万円程度だといわれています。そのため、勤務医よりも収入の水準が高いです。ただし、経営がうまくいっていない場合は、勤務医よりも収入が低い可能性があります。

【条件2】出世している

勤務医であっても、出世して部長や医局長クラスになれば、高い年収が期待できます。一般病院の院長クラスになると、年収が3000万を超える場合もあります。開業医でなくても、高い収入を得ている医者はいるのです。

【条件3】公務員待遇がある

公務員のような手厚い待遇を受けていることも、収入が高い医者の条件の1つです。国公立病院や国公立の医療センターに勤める医者は平均して高い収入を持っています。さらに、公務員待遇になると私立病院よりも賞与が高く設定されています。

【条件4】自由診療の割合が多い

美容外科・美容皮膚科のように、自由診療の割合が多い診療科の医者は、収入が高くなる傾向にあります。自由診療を行っている医者は高いスキルと知識をもっている可能性が高いので、それに合わせて収入が高くなります。

結婚相手には美容外科の開業医を選ぶべき!

結婚相手に選ぶなら、年収のランキングが高い美容外科・美容皮膚科がよいでしょう。自由診療を行っている医者は、高いコミュニケーション能力を持っている可能性が高いため、そういった部分でも結婚相手として相応しいといえます。また、それに加えて開業医であることも重要です。もしくは、一般医院の院長も収入が高いため、候補にいれてもよいでしょう。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!