facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
医者

医者と幸せになる結婚マニュアル!結婚生活の実状を徹底解説

医者との結婚は経済的に恵まれ、周囲にも自慢できることから、昔から多くの女性の憧れと言えます。医者という仕事は多くの人から尊敬されるため、妻としても医者を夫に持ったら、鼻が高いことでしょう。
しかし、順風満帆に見える医者との結婚ですが、実際はデメリットもあるようです。忙しい仕事ゆえ、夫はあまり家に帰って来なかったり、親戚付き合いが大変だったりと、夫が医者ならではの妻の悩みも見聞きします。医者と幸せな結婚を遂げたいのであれば、まずは医者がどのような結婚生活を送っていくものなのか、きちんと理解しておきましょう。

医者の結婚の現状とは?

世間一般的には、うらやましいと感じられることの多い医者との結婚ですが、果たして本当にそうなのでしょうか。医者と結婚できたとしても、その後の人生すべてがうまく回るといったことはないようです。まずは、基本情報として医者の結婚の現状について見ていきましょう。

医者の既婚率

正確な既婚率は発表されていませんが、男性医師の「生涯未婚率は2.8%」と言われています。つまり、男性医師の既婚率はおよそ97%にも上るのです。これは、一般的な男性の既婚率がおよそ75%ですから、とても高い確率で多くの医者が結婚していることが分かります。つまり、医者という仕事は女性にとても人気があり、結婚相手には困らないということを示しています。

また、医者は高齢になるにつれ既婚率が高くなります。一般的な職業だと、40歳を過ぎたあたりから既婚率が上がるケースは少ないのですが、医者は年齢が高くなっても既婚率が上がっており、年齢を問わず女性にモテる職業だと言えるでしょう。
つまり、医者は若くてカッコ良い人だけがモテる職業ではありません。年齢が上がるほど収入も増えることも多いため、どの年齢の医者でも女性からの人気は高く、既婚率は高い職業といえます。

医者が結婚しない理由

既婚率が高い医者ですが、その一方でモテるにも関わらず、結婚をしない・できない医者もいます。中には、「自由でいたい」という考えのもと、結婚をしない医者がいます。
基本的に女性に人気のある職業のため、結婚して1人の女性と付き合うより、独身を謳歌して多くの女性と付き合いたいと願う医者がいるからです。しかし、それとは違った理由で結婚ができない医者もいます。まずは「勤務が不規則・激務」といったケースです。病院の勤務医として働いている医者などは、土日休みは取れず、夜間も救急対応で出勤するケースもあります。そうなると、女性との出会いや付き合いがなく、恋愛ができないケースもあるでしょう。

また、「キャリアを優先しがちである」といったこともあります。例えば、勤務医から専門の外科医を目指す医者のなかには、そのキャリアを磨くためにさらに勉強や経験を積む必要があるでしょう。恋愛に時間を割く暇があるなら、自分のドクタースキルを磨きたいと考える医者もいます。同様に、「勉学に勤しむ時期が長いため恋愛経験が少ない」といった医者もいます。医大を卒業したら研修医、研修医を卒業したらインターンなど、自分の時間を惜しんで勉学に励む必要があるため、なかなか結婚に目が向かない現状があるのです。しかし、このような医者は真面目で将来性も高いため、結婚相手としておすすめできる場合もあります。

医者との結婚を望んでいるのであれば、医者をはじめとした高収入男性を紹介してくれる結婚相談所を利用し、このような理由で結婚をしない男性医師を狙ってみるのが良いでしょう。

医者との結婚は難しいのか

医者の生涯未婚率を考えると、実際には結婚している既婚率が高いため、基本的には多くの医者が「結婚したい」と考えていることが分かります。そのため、医者と出会えるきっかけがあったり、親しくなれるチャンスがあったりすれば、恋愛や結婚に発展する可能性も十分考えられるでしょう。
しかし、自分が医療従事者などではない限り、なかなか独身の男性医師と出会えることは少ないです。ただですら日々忙しい生活を送っている医者が「友人の紹介で合コンに参加する」といったケースは少ないのです。

独身医師との出会いを求めているのなら、医者をはじめとした「高収入男性専用の結婚相談所」などを利用するのが便利でしょう。こうした相談所を利用すれば、高い確率で独身の医者と出会えることになり、どういった性格や役職を持った医師なのか、プロのアドバイザーが間に立って詳しく紹介してくれるメリットもあります。

医者が結婚する年齢や時期は?

医者が結婚する年齢や時期は、どのくらいなのでしょうか。一般的な仕事とは違い、医者の場合は大学に在籍している期間や研修時期が長いです。そのため、結婚する時期もおのずと限られていることが多いようです。まずは、医者にとっての結婚の最適なタイミングを見てみましょう。

医者の結婚の平均年齢

医者が結婚をする平均初婚年齢は29歳です。これは、研修期間を経て、一人前の医者として病院に勤務できる年齢がこの頃だからです。医者としての収入が入ることで家族を養えるため、この年齢で結婚をする医者が多いようです。また、大学を卒業した24歳や、研修終了後の28歳頃など、なんらかの節目を終えてひと段落したタイミングで結婚する人も多いです。
いずれにせよ20代で結婚する男性医師は、医大時代に出会った同業の女性や、サークルなどで知り合った学生時代を共にした女性が多いでしょう。医療関係とは無縁の女性が、20代の男性医師と出会うチャンスはなかなかないかもしれません。

また、医者によっては未婚のまま年齢を重ね、40代や50代の高齢になってから結婚しているケースもめずらしくありません。この年代の医者は「自分のクリニックを持った」「外科医として大病院の部長になった」など、何らかのキャリアを積んだ時期でもあります。そうなると収入も格段に上がることが多く、そこから家庭を持った方が経済的にも安定することから、40代を過ぎてから結婚する医者も多いでしょう。
この頃の医者は、外に目を向けて多くの人と知り合いたいと考える人もいるため、結婚相談所などに登録をする医者も増えてきます。そのため、一般女性が男性医者と出会いたいのであれば、比較的年齢が高めの男性を狙ってみるのも良いかもしれません。

医者が結婚するのに最適な時期

医者が結婚するのに最適な時期は、「なんらかの節目がひと段落した時期」と言えます。
まずは24歳前後の「大学を卒業した時期」です。この頃に結婚をする医者は学生時代に出会った相手との結婚が多く、研修期間を妻からサポートしてもらうこともあるでしょう。そして28歳前後の「研修終了時期」といったタイミングに結婚をする医者も多いです。この時期は医者として徐々に稼げるようになる時期であり、自信を持って家庭を作ることもできるでしょう。さらに、医学部卒業から10年ほど経つ35歳前後には、数々の研修を経験していることもあり、医者として「一人前になった」時期でもあります。この時期のタイミングで、自分の家族を持とうと覚悟を決める医者も多いです。

医者が結婚をしてはいけない時期というのはありませんが、基本的に自分のやるべきことに終わりが見え、次の目標に向かう時期に結婚を考える医者が多いでしょう。

結婚相手として医者は選ぶべきなのか

そもそも、結婚相手として医者は本当に選ぶべきなのでしょうか。医者といっても、勤務内容や種類、そして、医者の性格にもさまざま違いがあります。まずは、結婚相手として医者を選ぶべきなのか、必要な情報を取り上げてみましょう。

職業別結婚相手ランキング

ある調査によると、女性が「結婚したい男性の職業」は、次のようになりました。
1位公務員
2位サラリーマン
3位医者
4位弁護士
5位営業職
6位警察官
7位消防士
8位教師
同率8位IT系
同率8位自営業
同率8位大工
ここでは、公務員やサラリーマンといった一般的な職業に次いで、医者が堂々の第3位にランキングされています。それだけを見ても、医者は女性にとって人気の職業の1つであることに間違いはありません。理由としては「年収が高い」「自分が働く必要がなく専業主婦になれる」「周囲に夫が医者だと自慢できる」といったことがあります。
つまり、医者はステータスの高い職業であり、結婚相手の職業としては花形なのでしょう。こうしたことから、医者は結婚する相手としては申し分のない職業ということが分かります。

医者とサラリーマンなら結婚相手としてどちらを選ぶべき?

医者とサラリーマン、結婚相手としてはどちらが良いのか、それを一概に言うことはできません。サラリーマンの方が土日を中心に休みやすいことも多く、家事や子育てに協力的な夫になってくれるかもしれません。しかし、年収の高さを優先させるのであれば、医者の方が適当でしょう。

働き方にもよるものの、医者の収入はサラリーマンの2倍以上に上ることが多いです。また、診療科にもよるものの、一般的な商品やサービスを扱う仕事とは違い、全国的に見ても需要がなくなることもありません。
サラリーマンが転職をする際には給料が今までよりも下がるリスクもありますが、医者の場合は勤務地や内容に関わらず、業務内容に安定性があるため、給料が格段に下がるといったリスクはないのです。医者というスキルがある限り、ある程度の安定性があるため、収入面においては生活に支障が出るといったことは少ないでしょう。

医者と結婚した後の生活はどうなる?

医者の妻は、夫の収入だけで十分な給与があるため、専業主婦として生活することが多いでしょう。夫の方も、忙しい自分に変わって妻に家のことをしてほしいと、専業主婦を望むことが多いようです。つまり、収入の面では心配するリスクがないと言えそうです。収入が高いということは、妻はその分子供教育費を心配する必要もなく、自分の趣味や娯楽にお金を投資することも可能でしょう。

しかし、医者の働き方によっては緊急外来・手術などがあり、家庭よりも仕事を優先することがあるでしょう。そのため、家事や子育ては妻1人の負担が重くなってしまうケースもあります。とくに子育てにおいては「医者の子供」といった世間からの目もあり、しっかりと学力をつけなくてはならないというプレッシャーが、自分1人にのしかかってくる可能性もあります。また、なかなか帰ってこない夫であるがゆえに、外で浮気をしていないか嫉妬したり、寂しさを感じたりする妻も多いでしょう。

医者との結婚式の規模や費用

医者との結婚に対して希望や憧れがあるのなら、医者と行う結婚式についても知っておく必要があります。地味婚と呼ばれる、親族だけを呼ぶ挙式なども数多くありますが、医者との結婚はそうはいかないことが多いでしょう。医者の場合は経済力があり、親族や医療関係者との関係を大切にする人が多いことから、費用をかけた盛大な挙式にする人が多いようです。

医者との結婚式の規模

医者が行う結婚式の規模は、とても大きくなることが多いです。

一般的な挙式の参列者は、友人や家族、親戚や会社の人といったケースが多いでしょう。しかし、医者の場合は縦横の繋がりが多い業界で働いているため、病院関係だけでも多岐にわたった付き合いがあるでしょう。友人とは違う知人の医師という立場の人や、研修時代やインターン時代にお世話になった上司など、多くの参列者を呼ぶ必要があります。あの人を呼ぶのならこの人も…といったように、招待客は必然と人数が多くなります。
そのため、妻としては二人だけのリゾート婚を望んでいても、それとは別に盛大な披露宴を後日行うといった必要もあるでしょう。また、医者である夫は多くの挙式に呼ばれることもあり、ご祝儀などの出費も想像以上に多いでしょう。そして、他人の挙式に出席した分だけ、自分の挙式においても参列者を多く呼ぶ必要があります。これは結婚式に限らず、冠婚葬祭において多くの出費が掛かることになるでしょう。

医者との結婚式の費用

医者との結婚式に掛かる費用は、通常の結婚式に比べると「高額になりがち」でしょう。それは、お金に余裕があるため、ある程度の予算をかけた挙式になるといったこともあります。
しかし、単に豪華な結婚式にしたいという贅沢な考えだけではなく、接待客に「教授」や「院長」といった権威のある人を呼ぶため、基本的に格式高いものにしなくてはならないからです。披露宴でふるまう料理でさえ、普段から高級料理を食べることの多い医者も多いことから、失礼のないような豪華なコースメニューを用意しなくてはなりません。

このように、料理や装飾、引き出物といった、挙式に必要なものは高級品が用意されることが多いため、結婚式に掛かる費用は莫大になる傾向があります。しかも、教授に仲人を依頼した場合、謝礼金を支払うことになります。その金額の相場は30万円前後ですが、医局によっては暗黙のルールとして、謝礼金を100万円程度用意しなくてはならないケースもあるでしょう。

身内だけの結婚式が増えている

その一方で、「豪華な結婚式を挙げたくない」という医者も増えています。そうした医者の結婚式は、身内だけであげる小規模な挙式にすることも多いでしょう。忙しい医者にとって、短期間で簡単に済む結婚式は合理的ともいえます。
ただし、「代々医師の家系」といった格式高さを重視する場合には、豪華な式を余儀なくされる場合もあります。たとえ医医者本人が豪華挙式を拒んでも、代々医院を開業してきた親戚や親から、ちゃんとした豪華な挙式をあげるよう説得されることもあるでしょう。そうなると、小さな結婚式とは別に、豪華な披露宴パーティーなどを開催することが多いようです。

医者の結婚相手として求められる条件や職業

医者の結婚相手とは、そもそもどのような条件が求められるのでしょうか。美人であったり、家柄がしっかりしていたり、また女性の職業についても何らかのハードルがあるのかもしれません。では、一般的に言われている、医者の結婚相手の条件について見てみましょう。

医者の結婚相手は美人でなければならない?

医者の結婚相手は「美人でなければならない」という決まりは、当然ながらありません。しかし、医者は高収入であるため、結婚相手として求められるレベルが高めになりやすいことがあります。
例えば、男性医師は普段からモテるため、多くの女性からアプローチされることもあるでしょう。そのときに、美人と普通の女性ならば、多くの男性医師は美人の女性を選ぶのではないでしょうか。合コンなどに参加しても、その場にいる多くの女性からアプローチされることもあります。そうなると、相手を選択する権利は男性医師にあることが多いため、自分好みの女性を選べることがあります。

つまり、男性医師は必然的に美人と出会う率が高めになるのです。結果的に、医者の妻の多くは美人であることが多く、医者の妻=美人といったイメージも増えています。

医者との結婚に職業は影響する?

医者が選ぶ結婚相手の職業は、経営者やモデルといったハイスペックな職業に就いている人が多いです。医者は高収入であるため、結婚相手である女性の職業も、ある程度地位の高いものを求められる可能性が高いでしょう。
また、本人にはそのような意思がなかったとしても、親から「学歴や経歴がしっかりしている女性を選びなさい」といったプレッシャーを受けている可能性もあります。そのため、結婚相手の女性は、経営者や仕業など収入が高い職種であったり、モデルといった女性として魅力的な職業の人が多かったりします。また、医師という職業上、看護師や女医といった、医療関係者に関連する職種の女性と結婚することも多いでしょう。

医者と結婚するには家柄を重視される?

結婚相手の家柄を重視するかどうかは、男性医師である相手によっても違います。全く家柄を気にしない人もいれば、家柄を重視して結婚相手を選ぶ男性もいるでしょう。
しかし先祖代々、女性側も立派な家柄の女性が多いといった場合は、相手のことを気にする人も多いようです。とくに、親戚の多くが経営者や政治家といった立派な家柄であるほど、女性側の家柄をチェックされることもあります。そのような場合、医者本人が気にしていなくても、家柄を気にする親をはじめとした親族から、女性の家柄を指摘して結婚を反対されてしまうこともあります。

医者と結婚するための方法は?

ここでは、「医者と結婚するためにはどうすれば良いのか」を具体的に見ていきましょう。医者は既婚率も高く、病院などで多くの女性と出会うこともあるため、何も行動をしなければ出会うきっかけもありません。まずは独身の男性医者と出会えるよう、結婚相談所などを利用するのが良いでしょう。

医者と出会うコツ

医者と出会うには、簡単に言えば医療関係者になれば出会える可能性は高くなります。大きな病院での看護師や、同じ仕事である医者として働けば、独身の男性医師と出会える可能性は高くなるでしょう。
しかし、男性医師と結婚するために、自分もわざわざ医療関係者になるのはかなり大変でしょう。自分は医療関係者ではないが、医者との結婚を望んでいる場合にはどうすれば良いでしょうか。

そのような場合は「結婚相談所」を利用しましょう。しかも、一般的な結婚相談所ではなく、医者をはじめとした高収入の男性だけが入れる「高収入男性専用の結婚相談所」がおすすめです。こうした相談所には多くの医者も在籍しており、独身である証明書があったり、どこの病院に勤務しているのかが分かったりと、女性としては安心して利用することができます。

医者との仲を深めるコツ

結婚相談所で男性医師と出会えたら、さっそく連絡を取ったり、デートを重ねたりしてコミュニケーションを深めていきましょう。
ただ、独身男性医師の場合、勉強や仕事に追われて、女性へのアプローチの仕方が分からなかったり、なかなかデートに誘ってくれなかったりすることもあります。自分から積極的にアプローチすることも大切ですが、あまりにもしつこいと嫌われてしまうリスクもあるでしょう。そのようなときに心強いのが、結婚相談所のサポートスタッフです。

結婚相談所では、面会をスムーズに行えるようサポートしてくれたり、相手の性格を判断し、アプローチ方法のアドバイスをしてくれたりします。どこまで自分が動いて良いか、具体的なアドバイスをくれることも多いため、男性医師とのコミュニケーションを上手にとることができるでしょう。

相手の親に関係を認めてもらうコツ

結婚はお互いの意思はもちろんのこと、相手の親に関係を認めてもらうことも大切です。とくに、医者という立場の男性は、親から厳しく育てられていることも多く、結婚するにしろ親の同意がないとなかなか前に進めないこともあります。
また、家柄などを重視する親の場合、女性の家柄や育ち方を見て結婚に反対することもあるでしょう。結婚が認めてもらえるかどうか、認めてもらいやすいかどうかは、基本的に相手の親次第です。女性側としては男性を献身的にサポートすることを伝え、誠意をもって対応するしかありません。

医者と結婚したら幸せになれるもの?

医者と結婚すれば、確実に幸せになれるとは限りません。しかし、収入面だけを見れば、多くの場合は女性側が働かなくても十分にやっていけるため、お金の苦労はしないで済むといえるでしょう。
そう考えると、自分は外では働かず、家のことを献身的に尽くせる「専業主婦タイプの女性」は幸せになれるかもしれません。また、医者は忙しく、基本的に妻のことに構っている時間もなく、家事や育児に協力できることも少ないでしょう。そのため、それを覚悟で結婚できる女性の方が合っています。

具体的には、相手に尽くすのが好きで、相手を待つことに対しても喜びを見出すことができるタイプの女性なら、医者との結婚は向いているでしょう。

医者と出会うのなら結婚相談所で!

医者は普段の生活でなかなか出会える相手ではありません。看護師や女医など、医療関係者であれば日常的に医者と出会える可能性も高いでしょう。しかし、医者と結婚をしたいがために、医療関係者に転職するのは現実的ではありません。

結婚相談所を利用すれば、医療に関係のない仕事をしている女性でも、医者と出会うことが可能です。とくに、高収入男性をターゲットにしたステータスの高い結婚相談所なら、高い確率で理想の男性医者に出会うこともできるでしょう。そのような相談所では男性医師との出会いはもちろん、自分にとって合う男性はどのようなタイプか、結婚に関しての具体的なアドバイスももらえます。
男性医者との結婚を考えているのならぜひ結婚相談所を利用し、憧れの医者の妻への第一歩を踏み出しましょう。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!

  • 高収入エリートの男性との結婚でよくある落とし穴と、事前にできることとは

    誰もがうらやむスペックの男性との結婚式。式場でも友人にうらやましいと言われ成功を実感!しかし数年後には現実との落差に苦しんでいる奥さんたちもいます。情熱はいつか冷めるものですし時間とともに結婚生活の現……

  • 公務員が結婚相談所で人気の理由とは?

    結婚相談所で最初にお客様のカウンセリングをするときに必ずお聞きするのが、「どのような職業のお相手を希望しますか?」という項目です。マッチングをしていく際に必須ですので当然お聞きするのですが、断トツで多……

  • オンラインでお見合いするメリットとは

    オンラインでお見合いするメリットとは

    新型コロナウイルスの影響で、テレワークや自粛が続いていますね。婚活を進めていた人、そしてこれから婚活…という人たちも大打撃を受けてしまい、「ひとまず婚活はウイルスが落ち着いてから…」と考える人も多いの……