facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
弁護士

弁護士との結婚を目指すなら!選ばれる女性の特徴

「結婚相手の理想の職業」ランキングで第4位に入り、結婚相談所でも大人気の職業『弁護士』ですが、どうしたらそんな弁護士と結婚できるのでしょうか?
今回は弁護士と結婚するうえでのメリット、覚悟しなければならないこと、そしてどのような女性がお相手として選ばれやすいかということを、結婚相談所の目線で見た経験をもとに書いていきたいと思います。

弁護士と結婚するメリット、得られるもの

収入が安定して、総じて高い

これが一番、弁護士を選ぶ理由としては多いのではないでしょうか。以前のコラムでもお伝えしましたが年収の平均は直近の年で約1090万円と、平均的なサラリーマンの倍以上を誇り、安定性もあります。
ただこの収入については全平均なので当然年齢、勤務形態(事務所経営か、勤務か、または個人経営か)、そして扱う分野(大口の多い企業案件か、それとも離婚問題などの個別分野でこつこつ活動しているのか)などでも大きく異なってきますので、事前にどういうお仕事をしているのかなどしっかり知っておきたいところです。

社会的な信用(評価)が得られる

例えば新築の家を建ててローンを組む場合等、『弁護士である』というだけで非常に審査が通りやすくなる、というのは有名な話です。(同じことは医師にも言えます)
社会的な信用のみならず、自分の両親に紹介するような場合も反対されにくく、喜んでもらいやすい…といったことも言えるかもしれません。それでなくとも『弁護士の彼氏がいる』『弁護士の妻である』というだけで周りからの羨望やの視線で見られることも多いものです。高いステータスを持てるのは間違いありません。

日常起きてくるトラブルにも安心して対処できる

弁護士は法律関係の国家資格でもトップクラスで様々な法的手続きにも便宜をはかることができ、また係争(トラブル)が起きた時の相手の態度も大きく違ってきます。『弁護士の彼氏がいる、夫がいる』と言うだけでトラブルを起こす人が遠ざかって行った、というケースは少なくありません。身を守る意味でも弁護士のパートナーを持つことは大きな心強さを手に入れたともいえます。
またちょっとしたことでもプロである弁護士(夫)に相談できることは、日常の判断をしていくうえでも目に見えない大きいメリットを得たことになるのかもしれません。

弁護士と結婚するうえで意識、覚悟しなければならないこと

仕事の内容や収入・勤務スタイルはピンキリです

生涯収入は概算で4億2千万円前後とサラリーマンの倍近く、年収も当然高い弁護士ですが、それでも年齢別にみると50-54歳がトップで1327万円であるのに対して、30-34歳では862万円と、当然開きはあります。また都道府県別の格差もそれなりにあり、東京都では1540万円強に対して地方では880万円程度といった都道府県もいくつか見られます。(平均年収.jpさんを参照)

また大きい事務所勤務か、それとも小規模(個人)かでやはり年収に300万円近く差がついているようです。また弁護士の平均年収自体も時代とともに大きく推移しており、平均600万円台であった年もあることから社会情勢の影響で大きな変化があるものです。
こうしたことから『弁護士=高収入』と一概にとらえるのではなく(それでも一般から見れば十分に高いですが…)、仕事の内容から勤務時間や収入のパターン、将来性を見ていくことも大切です。また月給ではなく日給や時給で働く弁護士さんも意外と多いことを意識しておいた方がいいと思います。

一般に中堅弁護士は激務です。仕事への理解が必要です。

一般に弁護士の場合は裁判所の開いている曜日に合わせて勤務することが多く、その意味では暦通りです。しかし依頼人の都合で土日に諸々の相談に応じなければいけないことも多いため、役所のように必ず暦通りに休めるわけではありません。勤務時間は正直なところピンキリなのですが、中堅の弁護士さんが最も仕事量が多く、平均12時間程度/日の勤務であることも珍しくないようです。

駆け出しの若手の場合は依頼人も少ない一方で、年配の方の場合は人を使ったりチェックをしたり等の効率化が図れるため、ちょうど婚活をしている年代の弁護士さんが一番仕事量としては最も多く、それゆえに結婚相談所を利用して活動される方が多い…という印象を受けます。
そのため結婚した後も『完全なマイホームパパでいてほしい』『土日は必ず家にいてほしい』という希望にこだわり過ぎてしまった場合、『こんなはずではなかった』ということも起きてしまうかもしれません。働き盛りの弁護士の負担やストレスを理解し、それを支えて分かち合っていく姿勢こそ大事なのだと思います。

エリートならではの悩みを抱えている弁護士も多い

これは全員の弁護士に言えることではなく、あくまで弁護士の会員さんとお相手の方のお見合い設定やご相談の中での経験なのですが、弁護士本人は日ごろの仕事のプレッシャーや責任感に悩まされたり、それがどうしてもオフで人と接していくときの「余裕の無さ」として出てしまうケースもあります。

また日常的に仕事として多くのトラブルの解決に直面し、社会や人間関係のマイナスの側面を多く目にすることになるため、人の信用(正直であるかどうか等)というものを人並み以上に大きく意識して、相手を見ていく傾向があるようです。
あとはこれももちろん全員ではないのですが、相手を説得し論破しなければならない場面に日常的にさらされているため、どうしてもしゃべり方が良く言えば理路整然、悪く言うと理屈っぽいという印象を持たれるケースがあるのかもしれません。そういった第一印象を乗り越えて男女の相互理解を深めていく必要がありそうです。

弁護士が選ぶことの多い結婚相手とは?

花形の国家資格ですが一般に激務で、また仕事のストレスにもさらされている働き盛りの弁護士の男性、それではどんな女性が選ばれる傾向があるのでしょうか?あくまで経験に基づく主観ですが言えることをまとめてみました。
一般に弁護士の場合は医師の場合と違い、『親族の意向、賛同』を意識しなければならないことはそれほど多くはないようです。あくまで弁護士本人の『この人なら』という比重が大きいのが特徴といえます。

信用ができる女性を好む

一言で信用といっても、弁護士の男性が一番重視するのは『正直である』ということと『口が堅い』という2つのことが言えると思います。日常的に嘘やトラブルと仕事として向き合い、依頼人が自分に嘘を言わないという前提で体を張って守る一方で、また守秘義務を背負っている弁護士としてはいろいろなものを見てきているので、こうしたことをパートナーの女性に求めるのは当然といえるのかもしれません。
特に第一印象で『この人は信用できる』と感じさせることができるかどうかはその先のステップに進めるかどうかの大切な条件だと思います。

知的な、理解者としての女性を好む傾向がある

これも一種の職業病なのかもしれませんが、弁護士には理路整然と話させる方が多めのように思います(笑)。日常会話の中でも分かりやすく論点をまとめて説明したり、思わずうなずいてしまうようにすらすらと相手にものを伝える方が多いのにはうなってしまいます。
そのため相手の女性にはたとえ法律の専門知識はないにしても、同じように物事を理詰めで冷静に考え、自分の話を受け止めてくれる人に『相性がいい』と感じる傾向があるようです。(人それぞれの違いはありますが)若手の弁護士の多くが同業や学生時代からの知り合いの女性と結婚することが多いのはこうしたことも理由の一つなのかもしれません。

逆にこういう人は、弁護士とのおつきあいは難しいかもしれない

上記2点を踏まえると逆に第一印象として、『口が軽そうで信用できないかもしれない』と思われてしまうのは得策ではありません。過度な噂好きや批判好きであったり、それを早いうちから出してしまうと損をすることになるかもしれません。
またこれは相性の部分もありますが、理屈っぽい会話や相手を過度に嫌ってしまうようなタイプの女性の場合は、お付き合いを初めてもどこかで破たんしてしまう危険性があると言えます。男性弁護士から見ても何か問題が起きた場合に『理屈で話しても感情で押し返される』という経験が蓄積すると、それだけでうんざりしてしまう場合もあると考えた方がよさそうです。
またこれは他のエリート職にも言えるのですが、相性や上のような傾向を踏まえずにただ『弁護士だから』という理由だけで付き合っているようでは、職業柄すぐにそれを見透かされてしまうと思っておきましょう。

『選ばれる人』になるために、日ごろからするべきこととは?

まず最初に出会える環境に身を置く、作る。

よく女性から聞く話として『まずは自分を磨く』、それから活動するというのがあります。初めての婚活は誰でも不安なものですし、容姿や性格、教養などいろいろ磨いて安心できるようになってから飛び込みたい…という考えもわかるのですが、正直それでは遅すぎます。
また弁護士全体の人口は急増したとはいえようやく4万人を超えたところで、その中で独身で婚活の対象となる男性は推計で5千人程度と思われます。人口2万人に一人程度しか存在しないそういった男性と出会うのは、何の取り組みもしなければ至難の技、まず奇跡といってもいいのです。

・エリート職の多い結婚相談所を活用する
・法律事務所など、関係者の多い職場に身を置く
・パーティー等を利用する
など、自分磨きに『先行』するかまたは『並行』して、出会う環境を作ることが確率を大きく左右します。最大の勉強は『相手(弁護士)を知ることだ』と思うといいのかもしれません。残りの人生の中で今日が一番若いのですから、まずは環境づくりに乗り出していくことをお勧めします。

口が堅く、信頼できる会話のできる人になりたい。

これはお付き合いしていく中での会話や取り組みも大切ですが、信用とはなんといっても人柄が作り出すので、日ごろからそう見てもらえるような取り組みを日常的な会話の中で意識していくといいでしょう。ついつい噂話に夢中で歯止めがかからなかったり、人の秘密や知られたくないことを第三者に話してしまった時は要注意です。時には分別と沈黙が自分に信用をもたらすこともあるものです。

また弁護士は嘘に敏感な傾向があります。これは何か大きなことを隠している、というよりも日常的な会話の中で小さなことをすりかえたり、大げさに誇張したり、そうしたことを小さな嘘ととらえる人もいます。無意識に会話の中でそうしたことをしてしまいがちな人は、気を付けた方がいいかもしれません。日ごろから堅実な会話を心がけることは他のあらゆる面でも『自分磨き』として役立つことでしょう。

外見・内面をできるだけ磨く

これは弁護士に限らず、結婚相手を探すために大切な活動です。内面についてはいろいろありますが、上記の「堅実で、信頼できる会話を心がける」ことが一番大切なのかもしれません。
婚活について、多くの内面は『会話の中で磨かれていく』と思いますので、お見合いを含めてそう言う機会を数多く持ち、その中で取り組んでいくのも理想的です。外見についてはもちろん大切ですし、相手の好みになれることも大切なのですが、何よりも自信を持って相手に対していくための取り組みと割り切って、できる限り磨いていきたいものです。

いかがでしたか?あくまで結婚相談所から見た目線でしたので、経験に基づいて主観で、少し断定的に書いてしまっている部分もありますが、そのあたりはお許しください(笑)弁護士という職業は結婚相手として一見魅力的ですが、弁護士ならではの悩みも多く、また相手の女性に求められる傾向もかなりはっきりしているように感じます。『選ばれる女性』になるためにはこういった傾向をしっかり意識することと、何より日ごろからの取り組みも大切にしていきたいものです。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!