facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
公務員

公務員男性はどんな女性を選ぶ傾向があるのか?

女性から見た結婚相手の職業、人気ランキング堂々1位の公務員男性。婚活女性の目線で見るとぜひぜひお付き合いしてゴールインしたいと望む人も多いのではないでしょうか?
しかし公務員男性の好み・志向はかなり独特なものがあり、方向性を間違えて頑張りすぎてしまうと失敗してしまうことも・・・。今回はそんな公務員男性が好みやすい女性像について考えてみました。

まず公務員男性に多い傾向や結婚観を知っておきたい

どんな志向をもった男性が公務員になることが多いのか?

「公務員」と言うとまず役所などで見かける姿から『お堅い』というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか? その像は当たらずといえども遠からず、です。例外もありますが平均的な公務員像というのは「周囲の期待に応えていくことが幸せにつながる」と強く考えている人たちと言えます。

一般的にエリート男性の場合は総じてその傾向が強いのですが「公務員になる男性」の場合学力等だけでなく、性格や対人関係などでも周囲の期待に応えようとする志向が強いといえます。その意味では結婚も人生計画として、また「年相応に自立している」という証としてとらえていることも多く、結婚願望自体は(収入が安定していることもあり)かなり高い職業だと言えます。

したがって性格的にはとてもまじめで保守的、良くも悪くもあまり目立たないように慎重に行動する傾向があります。行動力に置いては民間企業の人に劣る場合もありますが何事もまじめにコツコツと取り組む人が多いと言えます。その一方でまじめすぎて異性との会話ではユーモアに欠けたり、少し不愛想に見える人もいるので、そういう傾向があるとあらかじめ思っていた方がよさそうです。

周囲の目を気にしてしまいがちな公務員男性

「周囲の期待に応える」という志向、育ち方をしてきたことが多い公務員男性ですが、それ故にこそ周囲の見え方(いいかえると「世間体」)を、良くも悪くも気にしてしまう人が多いものです。また周りと足並みをそろえて調和を乱さないように行動するという特徴があります。

こうしたことを婚活に当てはめて考えていくと、たとえばオフの時でも誰に見られているかわからない、デートの時でも公務員としてふさわしくない振る舞いをしている思われたくない、と考えてしまう傾向が強いのではないでしょうか。また親を大切にする傾向も強いので親に紹介しやすい女性かどうかなど強く意識している可能性が高いです。良くも悪くもそうした周囲の目を「一緒に意識して上げられる」女性が選ばれやすいと思います。

公務員男性に好まれやすい女性とは(外見編)

「似た者同士」の雰囲気を出せるのがベストかも

公務員男性自身の外見や服装について見ていくと例外はありますが、イメージ通りとてもまじめで堅実な印象を受けることがとても多いものです。そして彼らの好む女性とはやはりそれに釣り合いの取れた女性であるといえます。※公務員に職場結婚が多い理由の一つがここにあります。

たとえば自分がまじめそうでも、外見が派手な女性とデートしているところを見られるのが恥ずかしいことだ、という価値観を多くが持っているので、できるだけ彼らに合わせた堅実そうな印象を与えられると高ポイントだと思います。

好まれやすい服装、そうでない服装とは?

いくつか表現の切り口はありますが、「一見少し地味に見える」くらいの服装がちょうどいいかもしれません。トップスは襟付き、ボトムはシックなパンツなど、少しまじめそうな印象のあるものだと「価値観が近いのかもしれない」「似ているところがある」という第一印象を持ってくれる可能性があります。

また表現は極端ですが本当に最初のうちは「就職活動の時の身だしなみ」を意識するのが無難とも言えます。本当に表現したい自分があるのであればある程度理解し合った後でもできます。まず最初のうちは「この人とは理解し合えそうだ」という親近感(シンパシー)を、視覚からも持ってもらうことが大切なので、少し地味なくらいがいいと思って用意したいものです。

公務員男性に好まれやすい女性とは(内面・性格編)

まじめで控えめな第一印象の女性に好感を持ちやすい

公務員の男性は、過去の教育面からもまた現在の職務面からも、ルールを守って職務にあたるという仕事柄、真面目で堅実な性格の人が多いです。したがって結婚相手にも真面目で堅実な性格を望む性質があります。それは服装のような外見だけでなく性格などの内面にも同じことが言えます。

もちろん女性としてどういう部分に魅力を感じていくかは男性の好み人それぞれですが、それに加えて「この人とは長く一緒にやっていけるだろうか?」という目線(切り口)を他のエリート男性より多めに持っているのが公務員だ、と思っていいでしょう。その意味では堅実で真面目そう、さらに理想を言えば気配りのできそうなタイプの女性はかなり好まれる傾向があります。

また公務員男性の場合「親に紹介しやすいかどうか」という判断基準が強いことも特色として言えますので、その意味でも「真面目、堅実そう、気配りができる」というのはポイントが高いと言えるでしょう。

将来に向けて安心感を与えてくれる女性は高ポイントかも

また意外と知られていないことかもしれませんが、公務員の場合は(特に大卒上級職の場合)残業もそれなりにありますし、実は転勤もかなりあります。
そうした生活リズムや環境の変化にも嫌な顔をせずについてきてくれそうかどうか、というのも重要なポイントになります。仕事への理解やそういった可能性も踏まえてちゃんとわかっていける…ついていける…と、何かの形で伝えることができれば大きなプラスポイントになるのは間違いありません!※逆に「転勤あるんですか…?」など、環境の変化に対しての不安や希望をこちらが先に口にしてしまうことは男性に不安を与えてしまうはずです。

そして公務員の場合職場の人間関係や上下関係の結びつきがかなり強く、平日の夜や土日であっても職場の人との付き合いがあることが多いのも、隠れた特色です。たとえば土日に同僚や上司とバーベキューなどをしたりなど、色々な付き合いのある中でそれを理解し、時には一緒に参加していける女性が理想と言えるでしょう。

公務員男性自体の結婚願望は、とても強いのです。

「こうあるべき」という公務員男性の自分像が早期結婚につながっている

公務員になる男性というのは、人それぞれですが総じてとてもまじめです!親をはじめとする周囲の期待に応える中で「努力して安定した職について、家庭を持つ」という「年相応の理想的な自分像」を持っていることも多く、それが収入の安定も含めて「結婚願望の強さ」につながっています。これは結婚相談所で公務員男性のサポートをしていても強く感じることです。
「そろそろ実を固める」という言葉に象徴されますが、結婚のことを半分は権利ではなく義務だと考えているところがあるので、早めに結婚する人が多いのです。

「周囲が結婚していく」という圧力(?)が、さらなる後押しになっている

公務員男性の場合20代後半で結婚について意識し、焦り始める人が多くなります。そして実態としては30代前半で男性はほとんど既婚となります。
公務員の場合は「周囲の期待に応える、周囲の目を気にする」という傾向も強いですし、周りがどんどん結婚していったり「結婚はまだなの?」と上司や親に尋ねられることが、普通の男性以上にプレッシャーとして後押しの作用をしているといえます。そうした周囲との相乗効果で、結婚を急いだり焦ったりする男性も多いのかもしれません。

現実的には早婚の傾向が強いので学生自体の知り合いと早々に結婚したり、職場で価値観の合う人と結婚してしまう人が多数派ではありますが、残った人たちも「結婚しなくては…」という思い自体は強いので、比較的婚活について前向きで結婚相談所を活用する人も多いわけです。

公務員男性を狙うのであれば、早いうちの婚活がベター

ここまで書いてきた通り公務員男性には「一般的には結婚願望が強く早々に相手が決まってしまう」「残った人たちも、結婚願望自体は強く積極的」という傾向が強いです。

そうなってくると彼らをゲットするためには女性の側としても「より、早い年齢での活動」をすることがベストになってきます。のんびりしていると言葉は悪いのですが「男性側が完全に売れてしまう(再婚など何か特殊な事情のある相手しか残っていない)」ということにもなりかねません。結婚相談所などでも女性側の年齢が上がってしまうと男性側も若い男性を紹介することがだんだん難しくなってきます。また「公務員で残っている男性」は他の職と比べてかなり少なくなる傾向があるのでさらに「狭き門」になってしまうわけです。
もし「公務員男性」との結婚を前向きに考えている女性の方がこの記事を読んでいるようでしたら、結婚相談所を含む婚活を「一刻も早く」開始することをお勧めします!

公務員男性も人それぞれなのでもちろん例外もあるのですが、「その職業ならではの特色(性格や志向など)」がかなりはっきり表れているのも公務員です。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!