facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
公務員

人気の「制服系公務員」と結婚するメリットとデメリットとは?

人気の「制服系公務員」と結婚するメリットとデメリットとは?

「制服系」公務員という用語(?)はご存知ですか?公務員の中でも特に制服を着用して活躍する職種を総称してそう呼びます。「警察官」「消防士」「自衛官」などがその代表で、公務員の中でも人気を集めているのですが、仕事内容が特殊ということもありその結婚生活は独特なものもあります。
今回はその結婚相手としての「制服系公務員」の魅力と結婚生活の実態について、女性目線から迫ってみたいと思います。

意外と知られていない制服系公務員のあれこれ

「制服系」公務員ってどんな人たちがいるの?

公務員の中でも制服着用を原則とする職種の総称で「三大制服系」と言われているのが、「警察官」「自衛官」「消防士」になります。
ちなみに日本では公務員全体で約400万人が勤務しており、そのうちざっと100万人が国家公務員、300万人が地方公務員という内訳です。このうちの「制服系」となると警察官は30万人弱、消防士が15万人強、自衛官が約23万人になります。
ほかにも細かいところでは海上保安庁や入国や裁判関係の仕事など意外と多くの公務員職で制服が使用されているので、「制服系」合計だと80万人前後(公務員全体の5分の1程度)はいるということになります。
医師(約30万)や弁護士(約4万)などと比べてかなり大きな人口で、婚活市場としてとらえてもかなり魅力的といえますね。

「制服系」ならではの慣習や注意点もあります。

自衛官などの制服系職業の多くに「儀礼服」というのがあるのを知っていますか?
例えば結婚式などの特別な時に着ることを許される制服があり、絶対ではないのですがそれを着用するのが組織では習わしになっています。もちろん着用しない自由もあるのですが公務員、特に制服系の場合は職場の上司や同僚などが出席するのはほぼ100%ですし、「着用してほしくない」と花嫁さんが言って仮にそれを押し通したとしても職場的に旦那さんがかなり気まずい状態になります(笑)。「制服系は特に、職場ぐるみのお披露目の性格が強い」と割り切っていく必要がありそうです。
ほかにも市役所勤めなどと違い、制服系の場合は独特の年中行事や慣習がありますので、一つ一つに慣れていく必要があります。「旦那は旦那、私は私」というスタンスではなく、一緒になってそうした慣習を受け入れていく女性が歓迎さるのではないでしょうか。

制服系公務員と結婚するメリットとは

なぜ制服系公務員は人気があるのか?

〇普通にかっこいい…

単純に「制服を着て働く姿がかっこいいから」というのはありますよね?世間的にもイメージがいいですし…ただもう少し突っ込んで考えてみると、「何をしているかわかりやすいので、公務員としてのプラスの面に注目してもらえる」ということなのだと思います。
「公務員」という言葉だけの響きを考えてみると「安定している」「うらやましい」というプラスの印象もあるのですが一方で「過剰に保護されている、給料もらいすぎ」「利権にしがみついている」などのマイナスの印象(ひがみもあるのだと思いますが)を持たれてしまう場合もあります。
しかし「制服系」の場合は仕事の内容が明確でわかりやすいですし「この仕事で社会に貢献している」というわかりやすい印象を視覚的に与えています。その「わかりやすさ」こそプラス面に着目してもらえて、好意を持たれやすい理由なのだと思います。

〇肉体を訓練していることが多い

自衛官、警察官、消防士とも仕事内容は「体が資本」「体力勝負」ということが多いです。当然肉体も鍛えておりより男性的で、さわやかな印象を受けます。※良くも悪くも体育会的な規律を重んじていますので、その文化に配偶者として合わせていく必要もあるのですが。

また体力面以外でも例外なく「規則正しい生活」を重んじているというのも特色です。有事には24時間対応すること、また組織としての規律の重要性からもだらしない人はまずおらず規律正しく動きますので、そのあたりも制服系の「男性らしさ」を支えているのかもしれませんね。

公務員ならではのプラス面に+αもある場合も。

また「制服系」の場合、公務員ならではの収入や福利厚生などの共通メリットを享受することもできます。年金や有給休暇の多さ、そして安定性など公務員ならではの待遇・福利厚生のメリットは言うまでもありません。

制服系の場合はそれに加えて、職種によっては「官舎」などの制度があり安く住むことができる場合もあります。
また通常の給与に加えて「特殊勤務手当て」がいろいろ上乗せされてくるのも制服系の特色といえます。例えば消防士の場合であれば、「危険作業手当」「不快作業手当」「重勤務作業手当」「非常災害業務手当」「消防業務手当」などの手当てが存在しその都度ついてきます。
ほかにも状況に応じて制服系では数えきれないほどの手当てが存在し上乗せされていきますので、その分収入も多めになる傾向があります。これも大きい魅力の一つといえそうです。

制服系公務員との結婚生活で覚悟すべきこと

公務員ならではの共通の「窮屈さ」は受け入れる必要があります。

公務員の結婚、家庭生活については義務ではないものの「独特の文化」があると思ったほうがいいかもしれません。
そもそも公務員の結婚が早めである理由として「収入が多く安定している」ということ以外に「家庭をもって身を固めないと一人前ではない」というような職場独特のとらえ方、文化があると思います。多くの公務員男性はそうした上司や、周囲の動きを見てプレッシャーを感じて結婚を早めに意識する…という効果は否めないのです。

また結婚式についても最近は「式をやらない」というケースも増えてきていますが、これも「結婚して式をやって人を呼んで初めて一人前」というような独特なとらえ方も、公務員の職場には根強くあります。多くの場合結婚は「職場ぐるみで祝う」というとらえ方と慣習があり、そうした慣習や夫の職場の人との付き合い、接点を嫌うタイプの女性は、夫の立場を悪くしてしまう恐れすらあります。
また結婚後についても職場での飲み会や休日の付き合いなどの重要性は民間企業以上に高く、夫の評価に結びつくことは大きいと考えましょう。「職場対家庭」として、夫とともに向き合っていく姿勢は「制服系」の場合はなおさら大切ということになります。

多少窮屈かもしれませんがこうした「慣習、保守的な考え方」こそが公務員の結婚願望を支えているという一面もあるので、そこは割り切って合わせていく必要があると思います。

特殊な制服系ならではのアクシデントも日常の一部。

少し厳しいことを言うと、制服系の場合「休みはあってないようなものだ」という表現もできます。
もちろん休日はきちんとありますし、事前に申請しておけば休みの指定もできます。しかし休日に不測の事態が発生した時にはそのまま出動しなければいけません。
警察官なら重大な事件や事故があった時、消防官なら災害や事故が発生した時、自衛官なら災害派遣の一環として重大な事故や事件、災害が発生した時などです。何をしていても呼び出し一つで仕事に戻らなければならない一面を理解し、気持ちよく送り出してあげられる奥さんになれるかどうかというのは重要です。

制服系公務員に結婚相手として喜ばれる女性とは?

夫の職場の付き合いや人間関係に対して前向きに対応できる

上記でもいろいろ触れてきましたが公務員、特に制服系の場合は職場での心証(協調性や甲斐性)は、夫の評価や昇進に大きく影響します。
民間企業のように「成果が出世に直結する」システムが公務員の場合はそれほどなく、だからこそ安定しています。しかし成果が分かりづらいからこそこうした「姿勢、心証」こそが評価に入ってくるという文化を認める必要があります。

結婚式のスタイルや、結婚後の夫の職場での付き合いなどについて全面的にサポートし、時にはともに行動していける女性というのは間違いなく喜ばれるはずです。
逆に「私は私、夫は夫」「夫の職場関係に煩わされたくない」という考え方がある場合はそれを手放せないと大きいマイナスになってしまうので注意したいところです。

イレギュラーな仕事に対して支える姿勢を持っている

これも上述しましたが制服系の場合は夜間や休日の呼び出しやイレギュラーの出勤、行事などお休みは安定しません。
休日は合計としては振り替えて取れることが多いのですがどうしても「完全に定期的に家にいる」ということは難しく、いわゆるマイホームパパとは程遠い存在です。
そうした仕事の特殊性を「世の中の役に立っている」とプラスに捉えて嫌な顔をせずに送り出すという女性こそ歓迎されると思います。もし子供が生まれた場合「パパは世の中のために仕事をしているのよ」と代わりに言い聞かせてあげられる母親になれる人が彼らの理想の女性なのかもしれませんね。

「制服系」公務員はライフワークバランスとして考えるとどうしても不安定な一面はあります。しかし一方で働いている男性本人も使命感を持ちやすく、また福利厚生など得られるものも多い職業になります。ともに歩む女性もそうした使命感を一緒に受け入れてあげられることが、幸せな家庭を作るポイントなのかもしれません。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!

  • 医師はどこで婚活してるの?

    病院以外でまず出会うことは少ない医師。病院勤めではない一般的な婚活女性は、どこにいけば医師と確実に出会うことができるのでしょうか? 若い医師の実態、少なくない未婚男性 少なくない男性医師が未婚のまま……

  • コロナ禍の中での婚活はどう変化した?男性・女性それぞれの事情

    コロナウィルスで外出自粛が行われるようになって半年以上が経ちました。街中に人は出るようになってきたものの、誰もがマスクをして各地のイベントは軒並み中止の状態が続いています。このようなコロナ禍の中での婚……

  • 高ステータス男性はなぜ、オンラインお見合いに積極的?

    高ステータス男性はなぜ、オンラインお見合いに積極的?

    コロナショックが始まってからというもの、女性会員様やこれから婚活を検討している女性の方と話す機会も多いのですが、「今は感染リスクもあるし、自粛ムードもすごいから婚活(お見合い)は落ち着くまで自粛しよう……