facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
お見合い

恋愛結婚は本当に理想?お見合い結婚と比較してみました

恋愛結婚は本当に理想?お見合い結婚と比較してみました

結婚は大きく分けると「恋愛結婚」と「お見合い結婚」の2つがありますが、あなたはどちらをしたいと思いますか?もし、街頭で未婚の男女がテレビインタビューされたとしたら、やはり「恋愛結婚がいい」という人が多いのではないでしょうか(笑)。
もちろん「お見合い結婚のほうがいい」というのはマイクに向かっては答えづらいという印象もあるかもしれませんが(笑)、理想を言えば恋愛結婚をしたいという人は実際多数派でしょう。果たしてお見合い結婚と恋愛結婚を比較するとそれぞれにどんな長所と短所があるのか?
今回はそれについて考えてみます。

「理想は恋愛結婚!」の人は確かに多数派。そのメリットとは?

「自分が出会った好きな人」と結婚できる喜びは何にも替えがたいものがあります

大前提として、「結婚というものは恋愛の延長線上にある」というのが自然の認識だと思います。自由恋愛をするというのは、まずお互い自然な形で出会ったうえで互いに好きだから一緒にいるので、その延長線上として結婚して永遠の愛を誓い、そしてともに人生を過ごす…それがあるべき姿には間違いないと思います。

出会い、交流、そして恋愛から結婚に至る流れを考えると、自力で見つけて、自分の意思で好きになって気持ちを伝え、合意して結婚に至る、という流れは強い達成感もありますし、また『幸せなゴール』としての結婚を意識することができるわけです。
親世代に代表される、わが国での一昔前にあった「家柄、親の都合で結婚が決まってしまうことが多く、好きな相手とはなかなか結婚しづらい」という時代から考えてみると、自分の選んだ好きな人と、手ごたえと運命を感じながら結婚できるというのは現代社会ならではの人生最高の幸せの一つ、と言うことができます。

恋愛結婚なら人柄の部分について十分に観察する時間があります

また、もう一つの恋愛結婚のメリットは、お見合い結婚と比べて何といっても、「長く付き合って、その分相手をじっくりと見ることができる!」という点です。
よく知られたことですが大手結婚相談所の調査によると、自然な恋愛結婚における平均交際期間は約3年半というところで、お見合い結婚の場合の「平均半年程度」とは大きな差がありますね。(※逆にその期間の長さがデメリットになる場合もありますが…) 特に知りたい人柄の部分について、十分な時間でパートナーの魅力や、逆に欠点も理解したうえで結婚することができます。これも恋愛結婚の実質的な大きなメリットと言えるでしょう!

比較すると良いことばかりではない恋愛結婚のあれこれ

結婚相手本人以外の賛同を得るのに、苦労する場合もあります

実は恋愛結婚の場合には、いざ結婚と二人でゴールインしようとする際に大きな障害が待ち受けていることも実は少なくありません。お見合い結婚と比較してみると、基本的にお見合いの場合は両親の公認、というかもともと『お墨付き』の上で会ったりお付き合いがしやすいので、いざ付き合い始めてから両親が結婚に難色を示してくる…といったことはそれほど多くありません。(お見合いで紹介されたという時点でそれなりの信用が生じています)

一方で恋愛結婚の場合は、もともと両家で家族ぐるみの付き合いがあるようなパターンであれば楽なのですが、そうでない場合は合計4人いる双方の親のいずれかが反対することがかなり多く、その人を納得させるのにエネルギーと時間をかなり取られてしまいます。(長く付き合って信用してもらう…といったこともその一環として必要なわけです)一部のカップルはこのステップで力尽きて挫折してしまう、などということもありえます。恋愛結婚を目指す場合挫折すると付き合う期間自体がそれまでに長かったケースも多く、喪失感にとらわれてしまうことがある点もポイントです。

恋愛結婚の場合逆に収入、家族構成などの「聞きづらい部分」について見落とすことも

また恋愛結婚の場合の盲点として、お見合いの場合は当然のように「事前に条件などとして」確認できる聞きづらいことが見落とされてしまう場合もあります。
例えば収入や、家族構成や仕事の事情など将来性に関わること、相手の考えている将来設計など、恋愛結婚の場合は「なんとなく聞きづらい、聞いたら関係が壊れてしまうのが怖い」「それなら親しくなってからあとから聞けばいいかな・・・」などと考えてしまいがちで、なかなか聞くことができずいざ結婚直前や結婚してから、理想と大きな差が出てきてしまう…そう言ったことは残念ながらかなりあることです。
恋愛結婚の場合は恋人同士でラブラブな時期になかなか見えづらかった課題や温度差が、結婚した後急に現実化してきて落胆してしまう…というパターンは実はとても多いので注意が必要です。

離婚率はお見合いの方が恋愛結婚よりもずっと低い?

これはよくある思い込みなのですが、「恋愛結婚の場合は納得して、自分が探した相手とそれなりに長い間付き合いその後結婚したのだから、離婚する確率はお見合いより低いはずだ」と思っていませんか?実は数字を単純に比較していくと、現実はほぼその逆です。お見合い結婚における離婚率が10%台半ばであるのに対して、恋愛結婚の場合40%前後が離婚してしまっているというデータがあります。

こうした比較データはいくつものソースから出てきていますが、お見合い結婚の方が離婚率は高いとしているものは見たことがなく、やはり「その後」を考えると以外にもお見合い結婚の方が「家庭が続く」確率は高いと言えます。全体での離婚率は3割強ですから、数字だけから見れば恋愛結婚の方が、お見合いと比較して倍以上の確率で離婚してしまう、という危険があるわけです。あくまで統計なので参考に過ぎないのですが、どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?いくつか理由を考えてみました。

恋愛時代の付き合いが長いと、結婚後には新鮮味が薄れてしまうこともある

恋愛結婚は、付き合いの長さが一つの長所なのですが、逆にそれ故に結婚前にエネルギーと時間をかなり使ってしまいます。それゆえに結婚したあとはそれらに消耗して疲れ果てたり、すでにかなり愛情が覚めてしまっているケースも実態としては多いといえます。

また現実的な認識として恋愛結婚の場合、しばしば幸せな結婚を「ゴール」(スタートではなく)として考えてしまう傾向も強いと思います!「結婚がゴールだと思ったら実はスタートに過ぎなかった」ということで男女ともに急に同居後に現実のギャップに迫られて、対応する中でだんだんとぎくしゃくしてきてしまう…そう言ったことは起きやすいのかもしれません。

「実は本音の理想の条件と異なる」ことで、徐々にひずみが表面化してくることも。

お見合い結婚の場合、最初に収入や仕事関係、年齢その他の環境で対象となる相手を絞った上で会うことになります。お見合いをする前や、お見合いの最初の時点から「結婚相手として気になるポイント」は直接確認をしていくことが多いですし、「恋愛と結婚は違う」という一種の割り切りが双方にあるので、あくまで「結婚相手としてはこの人はどうだろう?」という、少しシビアな視点で相手を見ることができます。

対して恋愛結婚の場合は、どうしても「好き」という当初の感情に隠されてしまい、相手のことを冷静に見ることができなくなっている場合も多いものです。これはドラマや映画などで良く見せられているので一種の精神主義なのですが、ついつい恋愛感情を優先して判断してしまうほど、後で結婚後に収入や消費(お金の使い方)、そして将来設計などのことで壁に突き当たり悩んだり衝突したりするリスクも出てきてしまう訳です。また収入や仕事など表面上のことだけでなく、「結婚相手としての人柄はどう?」という面で見ていっても、恋愛結婚の場合はちょっとした短所にはついつい、目をつぶってしまうケースもあるかもしれません。

恋愛の場合、万一結婚に挫折した場合の時間的ダメージも大きい

また、これは少しネガティブで考えたくないことですが、万一何かの事情(価値観の相違や家族の反対など)で、恋愛カップルが結婚というゴールにたどりつくことができずに別れてしまった場合は、お互いに好き合っていたということ、また付き合いが長くなっていたはずなのでその分、精神的時間的に受けるダメージは大きくなってしまう傾向はあると思います。

一方でお見合いの場合、「あの人とは縁がなかったんだな、では次!」と、ある意味未来志向で受け止めやすいといえるでしょう。恋愛結婚をめざして失敗した場合「運命の(はずの)相手」が、実はそうでなかったということになるので(付き合う期間が長いほど)大きいダメージを受けてしまいがちで、中には男性不信、女性不信になったり「自分はもう結婚できない」とネガティブな思い込みをして立ち直れなくなるケースもあるかもしれません。

「恋愛」と「結婚」を分けて考えるドライさも大切?

こう考えてみると、恋愛結婚で結果としてうまくいかない場合、恋愛と結婚の2つをごっちゃにして行動してしまう場合が多いようにも感じます。

経験上私は、結婚とは最終的に「その人の人柄」で成否(幸せか、長続きするか)が一番左右されると思いますし、それを長い時間をかけてじっくり見ることができる恋愛結婚は、それはそれで素晴らしいと思います。また精神主義かもですが、「好きという気持ちがあれば、多少の価値観や理想、性格の違いも乗り換えられるはずだ!」という意気込みはもちろん大切だと思います。

しかしその一方、長続きする幸せな結婚を冷静に目指していくのであれば、恋愛の場合でもお見合いの場合でも、少しドライですが「恋愛と結婚は別物なのだ」という考えをしっかり持ち、早くから冷静にパートナーとなる異性を「直視」して、話し合ったり変えていけるところは変えてことが大事なのではないでしょうか。交際の何十倍も長い「結婚生活の期間」を幸せなものにするためにも、このことを意識して付き合っていくのがいいと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!

  • 婚活で勝ち組と負け組を分けるマインドとは?

    婚活で勝ち組と負け組を分けるマインドとは?

    「婚活でうまくいく人と、行かない人の違いはどこにあるのか?」 結婚相談所で日常サポートをしていくと、このテーマについて色々な違いを目にすることができます。そこで感じたことを何とかしてわかりやすい傾向に……

  • 医者の妻として幸せになるには?彼女たちの生活スタイルと幸福度

    医者と結婚できたらいいなと憧れている女性は多いですが、現実の生活では本当に幸せなのかと思うことはありませんか?医者と結婚すれば経済的には恵まれるでしょう。でも「自分には向いていなかった」と後悔したり……

  • 公務員男性が苦手とする女性のタイプとは?

    結婚相談所でお見合いのサポートなどをしていると、公務員男性とそれを希望する女性とのお見合いケースを数多く目にしていきます。そんな中感じることとしてはいろいろなエリート職の中で公務員男性ほど、「こういう……