facebook1 line twitter
お見合い

東京・表参道の結婚相談所 サンセリテ青山の婚活コラム

東京 表参道
03-5468-2181
結婚相談所 サンセリテ青山
お見合い

婚活の切り札となるお見合い写真作成マニュアル

婚活の切り札となるお見合い写真作成マニュアル

婚活で最初に見られて勝負となる箇所は、ほぼ間違いなくプロフィールです。結婚相談所に限らずあらゆる婚活において「プロフィールを制する者は婚活を制す」ということができます。これをさらに踏み込んでいうと、「プロフ写真を制する者はプロフィールを、ひいては制す」ということもできると思います。
一番大切なこのプロフィール写真について、人よりも少しだけ良い方向へエネルギーをかけるだけで、申し込まれるお見合いは黙っていてもそれなりに増えることが多いですし、また希望相手に申し込みをした時の成功率もかなり違います。良い人と直接会うチャンスを拡大し、そしてすべての確率を底上げしてくれるのが入会時に作成する「プロフィール」であり、ひいては「プロフ写真」であると言えます。

結婚相談所のお見合い写真撮影マニュアル

必ずフォトスタジオを利用して撮影したい

結婚相談所では、ごくたまにですが「どうしても自分で用意した写真を使ってほしい」と持ってくる方がいます。例外もあるのですが、そういう場合経験から言うと正直あまり良い写真を持ってきたことはなく、場合によっては「駅前の証明写真BOXで撮ったの?」というレベルのものを持参されることも少なくありません。お相手は多くのプロフィール写真に次々と目を通す中でそれを見るわけですから、「これではこの人が写真のせいで悪目立ちしてしまう・・・」と思ってしまうケースもあります。

お見合い用のプロフィール写真について言うのであれば、間違いなく自分自身、または個人が撮るものよりスタジオでプロに撮影してもらったものの方が格段に「印象がいい」と言えます。「写真が得意な友人がいる」とか「自分は写真撮影が趣味なので大丈夫」という人も一応いるのですが、お見合い用の写真は他の写真とは完全に別格のものです。

例えば女性などはちょっとした光の加減や映る角度などで、場合によっては全く別人のように若々しくエネルギッシュに見える場合もありますし、また撮影してくれるフォトスタジオはお見合い写真を多く手掛けているところも多く、何百人という人の写真を手掛けて魅力的な写真を生み出してきています。その意味でも「写りの質」だけでなく「好印象」を意識した撮影に専念してくれるわけです。

さらにどのフォトスタジオがいいのかという話になると、これから入会する結婚相談所のオススメ(または提携している)の所が一番手堅いのではないでしょうか。一番の理由として、そのスタジオの撮影した「作品(作ったプロフィール写真)」を相談所としてもずっと利用しているので「この人については、どのような写真にしたいのか」という意思疎通も多くの場合はできていて、いわば阿吽の呼吸でプロフィールからアピールしたい雰囲気と写真をかみ合わせることができると言えるからです。

もちろんお気に入りのスタジオがありどうしても別のところでの撮影が良いという場合は、そういう選択もあります。ただその場合、スタジオの質はそれぞれピンキリですので、たとえば単に「こちらのほうが料金も安いから」という理由だけで選択をするのは賢明ではありません。スタジオ選びにおいて大切なことは、もちろん撮影技術の高さもそうですが「お見合いや婚活用の写真を、数多くこなし撮り慣れているか」、また「自分のアピールしたい雰囲気など、こちらの希望に沿ったイメージで撮影をしてくれるか」ということが一番です。

撮影時のマインドとは?

それでは撮影時はどんな心構えで臨めばいいのでしょうか?撮影されるとついつい力が入ってしまい緊張しがちなのですが、紹介されたスタジオであればお見合い写真を撮り慣れていることがほとんどなので、別に恥ずかしがったり緊張したりする必要などはありません。スムーズに顔の角度の取り方や表情の作り方など、てきぱきとスタッフさんが指示を出してくれるので、それに従ってどんどん撮影するだけで、意外に時間はかからないように感じるほどです。

あえて意識するのならやはり「笑顔に勝るプロフィールなし」と言われるように、どちらかというとまじめさよりも笑顔のある、柔らかな雰囲気を出すことが大切と思います。撮影にはそれなりの手間はかかりますが、そもそも一生の間に一枚の写真にこれだけ時間と手間をかけることはまずないのですから、逆にこれを楽しむくらいの感覚がいいと思います。

異性に好まれるお見合い写真を撮影し選択するには?

スタジオで撮影した場合、同じポーズでも写真は大体何パターンかありますし、同じパターンの中でも映りや表情など微妙に異なるように見える場合があります。数ある中からどれをプロフィールにするか選択していく場合大切なのは、第一にプロ(数多く手がけてきたカメラマンやカウンセラー)にできるだけ選択を任せて、自分の個人的な意見だけでどれを使うか決めてしまわない、ということです。これは「主観より客観的なほうが大切だから」「同性である自分より、異性の目線を持つカウンセラーのほうがいいから」という単純な理由もあります。

しかし何より「どんな自分を、プロフィールでアピールしていけば好感度が高くなるのか」ということについては、やはりカウンセラーその他の異性が選択したものが圧倒的に正しい場合が多いので、その意見を取り入れていく柔軟な姿勢が大事です。

結果が出なければすぐに差し替える柔軟さが大切

撮影の時緊張したり、また選ぶときに頑固にこだわってしまう理由として「一度登録したプロフィール写真は絶対で、変えられない」という思い込みがあると思います。しかし結婚相談所の場合はそういうことは全くありません。プロフィールの写真が変更されるということは日頃見ていると自社でも、またお付き合いのある相談所の会員さんでも頻繁に起きていることなのです。

プロフィール写真変更については実際に成功例もかなり多く、お見合いの申し込まれる件数が激増したり、また申し込みの成功率が上がって成婚に至ったケースもかなりあるので、改めて「プロフィール写真に絶対の正解はない。必要に応じて変えたほうが吉」と感じています。入会時に質の高いプロフィール写真を、スタジオのプロの手助けを借りて撮るのは大前提です。しかしその上で「結果を見つつ写真を変えることを考えていく」というのが勝ち組の発想と言えるでしょう。

婚活プロフィールの善し悪しは、写真の出来次第です

なぜプロフィール写真が一番大切な箇所なのか

プロフィールに使用する写真は相手が最初に視線を送る場所で、だからこそ第一印象を左右するというより『第一印象そのものになる』ものです。その意味でも写真の大切さを過小評価するのは禁物です。傾向としては今まで自分の容姿などに強い自信を持ってこれなかった人ほど写真に力を入れなければならないのに、逆に「いくつかの要素のうち一つに過ぎないのだから…」と思うのかそれほど写真に力を入れようとしない、という皮肉な現象が見られるのは事実です。

良い写真を作っていく、その第一歩はまず「写真の大切さ」を認めて「写真がすべてだ」というほど、その作成に力を入れることにあると言えます。

男性か女性かに関わらず「伝えたいもの」とは?

お見合いや婚活の経験があまりなく、「そもそもどんな写真がいいのか全く見当がつかない」という場合は、おおざっぱなイメージをつかむためにネット上で検索をしていくとイメージがつかめてくると思います。たとえばグーグルやヤフーなどの検索サイトで「お見合い 写真 女性」などと画像検索をしてみるのも手です。

色々ならんでいる写真を見ていると、それだけ求められる雰囲気、背景、表情だけは大体つかめてくるものと思います。検索から出てくるいろいろな画像は、結婚相談所以外のプロフ写真のものも多いので質はまちまちですが、おおよそどのような表情、角度、そしてポーズで映っているものが多いか見ていくと「どんな雰囲気、表情が求められているか」ということを手っ取り早くイメージしていくことができると思います。

※かなりバリエーションに富んだ画像が出てきます。ただ結婚相談所でのお見合いの場合は、あまり奇をてらったものは歓迎されない傾向があるので、その中でも比較的背景や服装などが無難そうなものを基準にするといいと思います!

一つ、強く意識したいこととしては、写真と比べ他のプロフィールは事実が「文字の情報」として載るのにすぎませんが、それに対して唯一写真だけが、「雰囲気」を伝えることが出来るものだということがあります。「容姿そのものが、良く見えるのか」という映り方の「質」の部分は撮影するプロに任せていくとしても、一番大切なのは自分の「伝えたい雰囲気」というものを表情や服装などからきちんと伝えられているか(そもそも何を伝えたいか決まっているのか)ということです。

たとえば、本当は優しいのに気が強そうな表情をしてしまっていり、本当は性格が明るいのに真面目過ぎて暗い雰囲気に見えてしまった場合は、写真の通りの性格に受け取られてしまい「会う前」(プロフィールの段階)ではじかれてしまいお見合いに発展しないという危険はあるかもしれませんし、また会った後でそのギャップに相手が落胆してしまう場合もあります。一番考えられるパターンとしては(とくに男性の場合よくあるのですが)「免許やパスポートなどの証明写真」と同じような感覚で撮影したり、またお見合いということで「真面目さ」のムードを過大評価してアピールしてしまい、結果として「暗い」「怖そう」と思われて敬遠されてしまうことです。

特に結婚相談所に入会する際は、プロフィール作成時にいろいろな証明書類を取ってきたり、またビジネスライクに自分の信用を証明していかなければならないシーンも数多くありますが、そうした「証明していく」雰囲気をプロフィール写真にまで持ち込むことは必要ありません。(男性・女性ともに言えることです)写真については特に「この写真の人と、将来明るい家庭が築いていけるのだろうか?」という切り口の最初の視線を意識して、柔らかくて友好的な雰囲気をアピールしたいものです。

お見合い写真のポイント…女性編

女性は服装のチョイスの選択肢も多い

女性は男性以上に、服の選択肢が多いので意識が必要です。これが何のアドバイスもない環境だと、かなりピントのずれた雰囲気の写真になってしまうことも多いです。あくまでも私見ですが、私がアドバイスしているのは以下のようなことがあります。

1.夏や冬など、極端に季節感を感じさせないものの方がいい…プロフィール写真というものは通年使っていくものです。違う季節にその写真を見ることも多いので、その時に厚着すぎても薄着過ぎてもいけないと思います。したがってできるだけ春や秋向けなど、中間的なものをチョイスしていきます。

2.原色に近いカラーは日本人の場合、特に男性に敬遠される傾向にあります。 そこである程度彩度を抑えた色を選びます。一つの理想としては「パステルカラー」がいいと私は思います。

3.そしてそのパステル系の色から自分に合った色をチョイスしていくという手順が一番スムーズと思います。…この場合の「自分に合ったカラー」というのは必ずしも「自分自身の好みである色」という意味ではないので注意が必要です。たとえばカラー診断などで、自分に合ったイメージカラーを分析していったり、肌の色に対応したベストカラーを意識したり…といったことで客観的に割り出していくのがいいかもしれません。

4.服装については一つの目安として「アナウンサーの服装」がベスト・・・たとえば膝丈のスカート、ワンピースなどが無難と言えるでしょう。実は女子アナの服装というのはもっともテレビを見る男性目線を意識して決定されているので、その意味で参考にするのは一番理にかなっています。ポイントとして「華美にすぎず、地味にすぎず」という所になるはずです。また露出しすぎもダメですが、一方でたとえば首がつまっているものもよくありません。「中庸」が大切です。

髪型や化粧についての考え方

女性のプロフィール写真の化粧について言うと、「普段より少しだけ濃い目」がベストだと思います。濃すぎると逆にそれが目立ってしまい、男性は好感を持ちません。しかし写真の場合は都合のいい角度や光線で撮れるという利点もあるので、女性の場合は化粧をすることでマイナスはほとんどなく、写真についてはプラスになることが圧倒的に多いのです。

また髪型ですが、それほど禁止事項はないのですが一つ言うなら「過度な巻き髪はできるだけ避ける」ということです。女性サイドから見ると巻き髪が大好きな人が多いものですし、また色を抜いた方が好きな人も多いのですが、男性の好み(直感的な信頼度や安心度)から見ると、巻き髪はどちらかというと相反する要素になります。できるだけ過度に巻きすぎず、つや感を出していくというのが「異性である男性目線」から見るとベターでしょう。(極端な話黒髪ストレートが男性から見た理想だと思っていればいいかもしれません)

お見合い写真のポイント…男性編

服装や髪形で、男性が心がけるべきこととは

男性の場合、女性と比べると服装などの選択肢はそれほど多くありません。どちらかというとカジュアルよりフォーマル重視ですし、基本スーツ着用で撮影するのがベストと思っていただいて大丈夫です。(ジャケット+パンツのスタイルも大丈夫です)

男性の場合言えることとしては、「過度なおしゃれ感は遊んでいると思われるのでNG」であるということです。たとえば派手な色のスーツ、ネクタイなどはまずNGと思っておきましょう。逆に暗すぎる服装や表情などもいけないのですが…それこそヤフーで画像検索をすると色々出てきますので、どの程度のものが「最適解」かについてはそれらを参考にして考えていくと決めやすいかもしれません。

また特に髪型については「清潔感があること」は男性の場合最低限大切となります。髪の長さについては、長すぎるよりはある程度短い髪の方が好印象と言えますが、それも一応ケースバイケースではあります。一つのわかりやすい清潔感の目安として、横はある程度刈上げるかなどしてスッキリと、爽やかにしておくのが手軽に清潔感にポイントと言えます。

男性はお見合い写真で差がつきやすい

「プロフィールにはこれを使ってください」と自分で写真を持参する人は男女とも多いのですが、どちらかというと女性より男性の方がびっくりしてしまうような写真を持ってきてしまう傾向はあります。

理由の一つとして「真面目さの要素を過大評価して、逆にやりすぎて少し怖い雰囲気が出てしまうことがある」ということがあります。確かに男性の場合は、信頼として仕事をきちんとしていることも魅力に入りますし、服装もカジュアルよりフォーマル、まじめな服装の方がお見合い時は受けはいいです。

しかし「服装はまじめがいいので」とばかりに表情までそれに基準を合わせてしまうと、相手を緊張させてしまうイメージがあります。実際にネットでの画像検索で出てくる写真の表情を何十枚も並べてじっとみていくと、自分がどんな顔をして映ればベストなのか、かなり公約数が見えてきますので撮影前に参考にするといいと思います!一言でいえば服装がフォーマルな分、表情はカジュアルに、というのがいいでしょう。

また、男性の場合は写真そのものをパスポートの手続き時などの「証明重視のもの」と勘違いしてしまい、時間やコストをかけて魅力的なものを作っていくことについて、否定的な考え方を持つ人も意外といます。(「データとしての収入や年齢などの「ステータス」が一番の魅力で、女性の場合はそれがきっかけで来るのだろう」と決めつけている人さえいます)これも男性の場合写真の魅力に差がつきやすい理由の一つと言えるでしょう。

「人生で一番大切な一枚」を楽しみながら撮る

婚活の中でもお見合い用のプロフィール写真は婚活、ひいては人生を左右する大切な一枚といえます。写真とは今までの人生で、それほど時間をかけて撮るものではなかったかもしれません。現代ではプリクラやスマホなどで、写真は一瞬で気軽に撮影できますし、また日常的な証明写真なども早ければ数秒で取れてしまいます。「そんな一枚の写真のために、数十分も拘束されて表情その他こまごまとしたアドバイスや指示を受ける」とか、「その一枚のために服装や髪形もそれに合わせて変えるところからスタートする」というのはほとんどの場合「非日常」かつ「億劫」であり、人によってはとてもイライラしたりして「何のためにこんなことをするのか?」と反発してしまう人もいるようです。

しかし「この一枚」の重要度を冷静に考えていくと、かける時間やコスト(費用も含めます)は決してかけすぎということはありません。成功すればかけたエネルギー以上のバックがあるものです。こうした写真の作りこみは「非日常」だからこそ、逆にそれを楽しんで作っていく、というポジティブな姿勢こそが大切ではないでしょうか。

読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んでいただいた方へのおすすめ!

  • 意外と高い!会社経営者の結婚相談所の利用率

    結婚相談所には、実は会社の社長さんも数多く在籍しているのをご存知ですか?エリートの会社社長の未婚男性はモテモテで、結婚相談所を利用するまでもなく結婚してしまうイメージを持たれがちですが、実はそうでもあ……

  • 高収入で社交的なのが魅力!商社マンとの結婚と注意したい点とは

    商社マンといえば、会社員の中でも高収入として知られています。仕事は忙しいけれど、もしかしたら転勤で海外に住めるかも・・・と考える女性もいることでしょう。実際、商社マンは結婚相手として人気が高いです。……

  • 婚活で勝ち組と負け組を分けるマインドとは?

    婚活で勝ち組と負け組を分けるマインドとは?

    「婚活でうまくいく人と、行かない人の違いはどこにあるのか?」 結婚相談所で日常サポートをしていくと、このテーマについて色々な違いを目にすることができます。そこで感じたことを何とかしてわかりやすい傾向に……